高校野球2014

2014年10月 5日 (日)

今治西優勝

坊ちゃんスタジアムで秋季高校野球愛媛県大会決勝戦を観戦してきました。

第1シード今治西と、夏の県大会準優勝松山東の一戦は、決勝戦にふさわしく手に汗握る投手戦となったが、総合力に勝る今治西が5対0で松山東を破り、5年ぶりに秋の県大会優勝を飾った。

【決勝戦 今治西5-松山東0】

台風の接近に伴い、時折雨が降り、風も強くてグラウンドコンディションは良くなかったが、両チームの選手たちは最初から最後まで常に全力プレイ。決勝戦らしい引き締まった好ゲームを見せてもらった。

松山東の先発はエース亀岡投手。130キロを越える速球を武器に、コントロール良く投げ込んでくるピッチングが素晴らしく、現時点ではたぶん愛媛県下ナンバー1右腕だろう。今日の試合でもアウトコースぎりぎりに威力あるストレートを投げ込まれ、今治西打線は序盤からチャンスを作るものの、あと1本が出ない。

↓好投を見せた松山東亀岡投手 現時点では県下ナンバーワン右腕
P1340261

今治西は1回表、2回表とランナーを出すものの、亀岡投手の好投にダブルプレイに打ち取られ、チャンスを消されてしまう。3回表にはスコアリングポジションにランナーを進め、1番秋川選手がレフト戦ぎりぎりにヒット性のフライを打つが、これを左翼手がスライディングキャッチで無得点。

押し気味ながらも、亀岡投手の好投や野手陣の好守備によって、チャンスをものにできない序盤のこの流れはまさに松山東のペースで、今治西にとっては非常に悪い流れだ。

しかし、今治西の先発エース杉内投手も、連投の疲れも見せず、立ち上がりから低目をていねいに突く投球がさえ、松山東を1安打に抑え込む。

↓亀岡投手と投手戦を演じる今治西杉内投手
P1340263

前半は松山東亀岡投手、今治西杉内投手、両投手が一歩も譲らない投手戦を演じ、5回を終わって0対0、手に汗握る好ゲームになった。

試合が動いたのは6回表。今治西は先頭の2番中内選手が四球で出ると、3番杉内選手は送りバントではなく強打。これがライト前に落ちるヒットとなり、無死1、3塁の先制チャンス。ここで4番藤原選手がセンターにタイムリーを放ち、今治西がようやく1点先制。

↓決勝のタイムリー 今治西藤原選手
P1340278

この後、さらに死球などで1死満塁とチャンスを広げ、7番杉野選手がライトに犠飛で1点追加。8番安藤選手のライトへのヒットでさらに1点追加で3対1とリードした。

これで主導権を握った今治西は、7回表にも3安打、2四球を集めて2得点。5対0とリードを広げて試合を決めた。

6回、7回の今治西打線の集中打、打線のつながりは見事だった。クリーンヒットだけではなく、飛んだコースがラッキーだったヒットも何本かありはしたが、ここぞというときの集中力、勝負強さはさすがだ。

終わってみれば今治西は好投手亀岡投手から13安打。強打、猛攻という印象は残っていないが、しぶといバッティングが光った。

今治西の杉内投手は2番石山選手に打たれた2安打完封。サード高尾選手、セカンド中内選手、そして最終回の藤原選手などバックの好守備に助けられた場面も多々あったが、勢いに乗る松山東打線をほぼ完璧に抑え込んだ。

四国大会出場を決め、ベンチ、スタンドともに最高潮に盛り上がり、勢いに乗る松山東に対し、今日の今治西は序盤の悪い流れの中、相手に得点を与えず、自分たちが先取点を奪い、主導権を握れたことが勝因だろう。投攻守が非常にうまくからまり、快心の勝ち方だった。

松山東も亀岡投手、米田選手を中心に、よくまとまったチームだ。勢いだけではなく、着実な強さを感じた。

↓5年ぶりに秋季県大会優勝の今治西
P1340293


【3位決定戦 松山聖陵9-新田6】
四国大会への出場校を決める代表決定戦は、聖陵、新田の強打のチームによる打撃戦になった。

前半でリードした聖陵を新田が追い上げる試合展開は、8回裏に新田が6対6の同点に追いついたが、9回表、聖陵が3点を挙げ、打撃戦に終止符を打ち、四国大会への出場を決めた。


これで四国大会への出場校は、1位今治西、2位松山東、3位松山聖陵の3チームになった。総合力の今治西。投手力の松山東。打撃力の松山聖陵と、カラーの異なる3チームが代表となった今年の四国大会。来春のセンバツめざして、3校には是非頑張ってもらいたい。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

今治西 決勝進出

坊ちゃんスタジアムで秋季高校野球愛媛県大会準決勝の2試合を観戦してきた。

第1試合では、第1シードの今治西が松山聖陵と対戦、強打の聖陵を逆転で破り、明日の決勝戦への進出を決めるとともに、四国大会への出場も決めた。

【第1試合 今治西6-松山聖陵2】

今治西の先発はエース杉内投手。今日の試合のポイントは杉内投手と聖陵打線の対戦だと思っていたが、試合開始早々、杉内投手が投じた初球を聖陵のトップバッター照屋選手が狙いすましたように振り抜くと、打球は風にも乗ってライトスタンドへ。先頭打者初球ホームランで、聖陵がいきなりの先制。

これで勢いづいた聖陵打線は、続く2番与儀選手もレフト前にヒットを放ち、次打者送りバントで1死2塁と追加点のチャンス。その後、死球と内野ゴロで2死1、3塁とチャンスを広げ、立ち上がりの杉内投手を攻め立てる。

しかし、ここは杉内投手が踏ん張り、次打者を外野フライに打ち取り、初回の失点を先頭打者ホームランの1点だけに食い止めた。

この試合、今治西にとっては初回のピンチをこの1点で切り抜けられたことが非常に大きかった。勢いに乗り、流れが聖陵に傾きかけたところをしっかりと止め、主導権を渡さなかった。

↓今治西エース杉内投手 2失点完投
P1340212

1回裏の今治西、先頭打者の秋川選手が四球で出ると、すかさず送りバントで2進。3番杉内選手のライト前ヒットで1死1、3塁とチャンスを広げると、4番藤原選手が左中間を破る2点3塁打で鮮やかに逆転。さらに、この試合から5番に打順が上がった1年生山内選手もライト前にタイムリーヒットで続き1点を追加、3対1として試合の主導権を握る。

↓逆転スリーベース 今治西藤原選手 これぞ4番の働き
P1340229

山内選手のこの3点目のタイムリーは大きかった。聖陵が勢いに乗った直後だっただけに、2点差を付けて突き放せたことが試合の流れを大きく変えた。

↓注目の1年生5番打者山内選手 打撃センスの良さはピカイチ
P1340231

今治西は2回裏、先頭打者がエラーで出ると、送りバントで1死2塁。1番秋川選手が絶妙のバントヒットを決め1死1、3塁のチャンス。2番中内選手の打席、まずパスボールで1点追加で4対1。さらに中内選手がライト前タイムリーで2塁走者を迎え入れ、5対1と聖陵を突き放す。

↓注目の1年生 前の試合までは5番打者高尾選手 遠くへ飛ばす力が魅力
P1340234

↓注目の1年生3人目 杉野選手 強肩の外野守備も魅力
P1340241

このまま点の取り合いになるのかと思われた試合は、この後、両チームの投手が踏ん張り、両チーム0が続く。聖陵の日野投手もボール先行の苦しいピッチングが続くが、中盤からは徐々に立ち直り、今治西打線も追加点が奪えない。

今治西の杉内投手も、今日はなかなか低目ストレートでストライクが取れず、いつものようなベストピッチではなかった。強打の聖陵は5回表、2死満塁と大きなチャンスを作ると、5番藤田選手の強い打球が1、2塁間にライナーで飛んだが、今治西の2塁手中内選手の正面。抜けていれば右中間への長打になっていたであろう打球だったが、中内選手のポジショニングが非常に良くてピンチをしのいだ。

2回以降得点ができない今治西は8回裏、先頭打者が四球で出ると、送りバントで2進。1番秋川選手がレフトオーバーの2塁打を放ち1点追加、6対1として試合を決める。

↓ダメ押しのタイムリーツーベース 今治西秋川選手
P1340242

しかし、聖陵も粘りを見せ、9回表、1死2塁からタイムリーヒットが出て1点を返して6対2。ここで今治西、中継に入った中内選手はバックホームが間に合わないと判断すると、カットしたボールを1塁に送球。タイムリーを放ち、1塁ベースを回った打者走者タッチアウトとなった。今治西の強さ、隙のない野球を垣間見るビッグプレイだった。

【第2試合 松山東3-新田2】

第2試合は第2シードの新田を相手に松山東が手に汗握る大接戦を演じ、3対2で新田を破り、決勝戦進出と四国大会への出場を決めた。

試合は3回表、タイムリーヒットで松山東が1点を先制、おもしろい試合展開になる。松山東の亀岡投手の前に抑え込まれていた新田打線は、5回裏にようやく1点を返して、1対1の同点に追いつく。

7回表に松山東が1点を奪い2対1とリードするが、新田はその裏、すかさず1点を返して2対2の同点。

手に汗握る大接戦となったが、松山東は8回表、相手のタイムリーエラーで1点を奪い、3対2と3たびリード。これを亀岡投手が守り抜き、松山東が3対2で新田を破った。

松山東は選手、ベンチそしてスタンドが一体となって非常に勢いが感じられた。


これで明日の決勝戦は今治西と松山東の対戦に決まった。今年の夏の愛媛県大会で今治西は松山東に敗れただけに、ここはリベンジを果たしたいところ。いっぽうの松山東も夏の県大会は決勝で敗れたため、秋は是非とも優勝したいところだろう。好ゲームに期待したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

今治西ベスト4進出

坊ちゃんスタジアムで秋季高校野球愛媛県大会準々決勝、今治西と宇和島東の試合を観戦してきました。

初回に宇和島東が1点を先制し、第1シードの今治西が追いかける展開となったこの試合。3回に今治西が一挙4得点で逆転すると、その後、両チームが点を取り合う熱戦となったが、最後は、今治西がお得意の負けない野球で7対4で逃げ切った。

【第1試合 今治西7-宇和島東4】

今治西の先発は昨日延長13回の大熱戦をひとりで投げ抜いたエース杉内投手。今日も昨日の疲れを感じさせず、低目にボールを集め、安定感抜群のピッチングがさえる。

↓今日も好投した今治西 杉内投手
P1340188

その杉内投手に対し、宇和島東打線は1回裏、先頭打者が内野エラーで出塁すると、1死2塁から3番清家選手のタイムリーヒットで1点先制。5番長尾選手、6番毛利選手も連打で続き、2死満塁と大量得点のチャンス。

しかし、今治西杉内投手は次打者を勢いのあるアウトコース低めのストレートで三振にねじ伏せ、初回の大ピンチを1失点で切り抜ける。今日の試合、今治西にしてみれば、初回の大ピンチを1失点で切り抜けられたことが大きな勝因となった。

宇和島東の先発は背番号10の清水投手。今日の試合ではストライクとボールがはっきりとし、ボールが先行する苦しい投球が続いたが、なかなかいい投手だ。

↓宇和島東先発の清水投手も好投
P1340179

今治西打線は序盤、その清水投手を打ちあぐねる。昨日の試合と同じように、フライアウトが多いのが気になるところ。1回、2回と先頭打者が出塁し、チャンスを作るものの、あと1本が出ない。

今治西は3回表、2本のヒットに相手の2エラーも絡み、一挙4得点で4対1と逆転し、試合の主導権を握る。

しかし、宇和島東の打線もかなり強力で、4回裏にはヒット4本を集め、2点を返して4対3と追い上げる。

追い上げられた今治西は5回表、先頭の4番藤原選手がヒットで出ると、次打者四球で無死1、2塁のチャンス。相手のミスで2、3塁とチャンスを広げると、6番山内選手、7番杉野選手の連続タイムリーで2点を追加、6対3と宇和島東を突き放す。

↓チャンスでタイムリーの今治西 山内選手 先発メンバー唯一の左打者
P1340192

↓チャンスに連続タイムリーの今治西 杉野選手
P1340197

5回裏の宇和島東、先頭打者が2塁打で出塁、1死3塁と攻め上げ、4番久保選手の打球は1塁側へのファウルフライ。これを今治西の藤原一塁手がダッグアウトに倒れ込みながら好捕。これが犠牲フライとなり、宇和島東に1点を返されるが、キャプテンのガッツあふれるプレイで今治西のベンチは盛り上がる。

そして、7回表の今治西、先頭打者が四球で出ると2塁に送り、昨日、サヨナラ打の8番安藤選手がセンター前にタイムリーを放ち1点を追加、7対4と追い上げる宇和島東を再度引き離す。この1点は最後まで重かった。

9回裏の宇和島東は、ヒットやエラーで1死1、3塁とチャンスを作り、粘りを見せるが、杉内投手が後続を断ち、今治西が7対4で宇和島東を振り切って勝ち、ベスト4進出を決めた。

得点差だけを見れば今治西の快勝のように思えるが、今日の試合、打撃は宇和島東の方が今治西よりも強力だった。しかし、勝敗を分けたのは両チームの守備力だった。今治西も2エラーがあったものの、大事な場面ではしっかりと鍛えられた守備力が光っていた。いっぽう宇和島東、大事な場面でエラーやエラーにはならないミスが重なり、実力差以上の得点差で今治西に負けを喫してしまった。

ベスト4に進出した今治西。来週末の2試合でひとつでも勝てば、来春のセンバツへとつながる四国大会への出場が決まる。しかし、どうせな2連勝して、愛媛の1位校として四国大会へ進んでもらいたい。頑張れ今治西!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

今治西初戦辛勝

坊ちゃんスタジアムで秋季高校野球愛媛県大会1回戦の3試合を観戦してきました。

【第1試合 今治西2×-今治北1】
第1試合では、今大会愛1シードの今治西が、今治決戦となった今治北を相手に、延長13回の熱戦を繰り広げ、2対1のサヨナラゲームで初戦を辛勝した。

今治西の新チームを見るのは今日の試合が初めて。旧チームからレギュラーで残っている選手は秋川選手くらいで、旧チームのレギュラーが2~3人は残っていた近年の今治西にしては珍しいように思う。そして、新チームのキャプテンは4番打者である藤原選手になっていた。

今治西の先発はエースナンバーの杉内投手。かなりいい投手との前情報を得ていたが、初めて見る杉内投手、旧チームの神野投手に負けず劣らずの素晴らしいピッチャーだ。

ゆったりとしたモーションから、低目にコントロールよくビシッと投げ込んでくるストレートは、制球、球威ともに素晴らしい。緩い変化球も低目に集まり、緩急織り交ぜたピッチングが実に効果的。常にストライクが先行し、抜群の安定感を誇る好投手だ。

↓今治西のエース杉内投手 安定感抜群の好投手だ
P1340096

試合は序盤、今治西の杉内投手が今治北打線を抑え込むが、今治西の打線も今治北の先発背番号10の上谷投手を打ちあぐねる。右サイドスローから高低左右を広く使ってコントロール良く投げ込んでくるピッチングに、今治西打線はフライを打ち上げてしまい、得点できない。

↓今治西の4番藤原選手 今日はレフト線にツーベース
P1340123

今治西は5回裏、1死2、3塁の先制のチャンスに1番杉内選手がスクイズをするが、低目にはずされ空振りで3塁走者アウト、スクイズ失敗。このまま終わるかと思われたが、2死3塁から杉内選手がしぶとくライト前にタイムリーを放ち、ようやく1点先制。

杉内投手がこのまま1対0で逃げ切るかと思われたが、今治北は8回表、ヒットや送りバントで2死3塁とすると、1番重松選手がショートに内野安打で1点を返し、1対1の同点に追いつく。

この後、今治西の杉内投手、今治北の上谷投手が互いに一歩も譲らない投手戦を演じ、試合は延長戦に突入。裏攻めの今治西は再三サヨナラのチャンスを作るが、上谷投手の前にあと1本が出ない。

↓最後まで好投した今治北の上谷投手
P1340109

試合は延長13回裏、1死後、7番杉野選手がレフト前にヒットを放つと、左翼手の捕球のわずかな隙を突いて2塁へ。俊足の杉野選手が相手の隙を見逃さない積極的な好走塁で、1死2塁のサヨナラのチャンスを作る。

ここで8番安藤選手が右中間に落ちるサヨナラヒットを放って2対1で今治西が劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

↓延長13回裏サヨナラヒットの今治西8番安藤選手
P1340143

今治決戦は、第1シードの今治西を相手に、今治北が上谷投手の奮投に応え、チームが一丸となって力を出し切り、予想以上の大熱戦となった。今治北の踏ん張りは本当に素晴らしかった。1回戦にはもったいないような見応えのある好ゲームだった。

【第2試合 新田7-川之江0】
第2試合は2階席で昼食を食べながらゆるーく観戦。気持ちのいい秋晴れの下、涼しい秋風に吹かれながらの野球観戦はサイコーに気分がいい。

↓秋晴れの下での野球観戦 実に気持ちがいい
P9270002

試合は、第2シードの新田が投打にわたり安定した強さを見せ、川之江を寄せ付けなかった。

【第3試合 小松7-新居浜南3】
第3試合は再び内野席に戻っての観戦。今年の夏の県大会を制し、甲子園に出場した小松の新チームに注目。

今日は2番手で登場したエースナンバーの早柏投手、キャッチャーで4番の大上選手の甲子園経験組みの活躍で、粘る新居浜南を最後に突き放し、小松が初戦を突破した。

↓小松の頼れる4番大上選手 パンチ力あふれるバッティングはさすが
P1340160

↓小松エースの早柏投手 ナイスピッチング
P1340163

敗れた新居浜南は、エースで4番、しかもキャプテンの中村選手を中心としてチームだけど、投打にわたって力強さと粘り強さが感じられた。これからまだまだ伸びてきそうないいチームだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

今治西初戦突破

坊ちゃんスタジアムで今治西の今夏の初戦、伊予高校との試合を観戦してきました。

P7200085

僕はもちろん今治西を応援しているのだけれど、対戦相手の伊予は、うちの長男が3月までお世話になっていた学校だし、監督は今治西OBの井上監督だし、ちょっと複雑。
心の中では伊予の応援も3割ほど入り、とにかく両チームにいい試合をしてもらいたかった。

今治西の選手たちを見るのも、昨秋の四国大会以来だけど、キャリア抜群のバッテリーを中心に、一段と安定感とたくましさが感じられた。

上位打線にいい打者がそろっていると評判の伊予が前半にリードして、今治西が追いかける展開になればおもしろいがと思っていたのだけど、今治西先発のエース神野投手は、立ち上がりからさすがのピッチングで伊予高打線を寄せ付けない。安定したコントロールに緩急を織り交ぜ、奪三振の山を築く。

いっぽうの伊予高の先発横内投手も、低めコーナーに丁寧に投げ込み、今治西打線に対しナイスピッチングを見せる。

しかし伊予高は、守備の乱れからランナーをためてしまい、大事な場面で今治西にタイムリーを打たれてしまう。相手チームのエラーを見逃さず、常に先の塁、先の塁を狙う今治西の選手たちの姿勢はさすがに隙がない。今治西は2回表、4点を先制し、試合の主導権を握る。

こうなると試合の流れは今治西。神野投手が伊予打線を被安打1に抑えこむ間に、4回、6回にも得点を重ね、7対0、7回コールドゲームで伊予を破り、順調に初戦を突破した。

エース神野投手はしなやかなピッチングが素晴らしく、安定感は抜群だ。打撃陣では3番越智選手が4安打の大活躍。ランナーがいる場面での勝負強さが光った。

伊予は、スタンドの大応援団と一体になり、最後までよく頑張ったが、序盤、第1シード校今治西という校名に名前負けしてしまったようなプレイが見られ残念だった。

二年振りの夏甲子園出場に向け、今治西は順調な滑り出しとなった。次戦以降も楽しみだ。頑張れ今治西!

| | コメント (2) | トラックバック (0)