2014年登山

2014年11月23日 (日)

笹ヶ峰登山(2014.11.23)

三連休の中日、先週、冠山と平家平に登ったときにきれいに見えていた笹ヶ峰に登ってきました(solo)。

天気予報は午後から晴れ。
登っている途中は山の上の方は濃いガスがかかっていたのだけれど、僕が山頂に立ったときに、ちょうどガスが抜け、見る見る間にきれいな晴れ空に!
なんというラッキー!!
奇跡のような青空の下、二週続けて素晴らしい眺望に恵まれ最高の山旅になった。

午前7時半に笹ヶ峰登山口に到着すると先行車が1台。準備をしている間にさらに2台が到着。三連休ってこともあり、今日は登山者が多そうだ。

さっそく登りに入るが、どうも空模様がはっきりしない。山の上の方は濃いガスがかかって見えない。天気予報を期待して、天然林の間を気持ちよく快調に登っていく。

40分ほどで宿に到着。小休止。今日はかなり気温が高い。出発時に着ていたソフトシェルは早々に脱いだが、それでも山道を登っていると暑くて薄っすらと汗をかくほどだ。空を見上げるが残念ながらガスが濃い。

↓宿(しゅく) ヒノキの美林が素晴らしい
Pb230009

↓宿を出てすぐの谷川には新しい橋が架けられていた
Pb230012

↓宿から丸山荘までの間の素晴らしい天然林
Pb230021

Pb230029


丸山荘の手前、標高1400mを越えたあたりから周りがガスに覆われてしまう。ガスの中を歩き、宿から30分ほどで丸山荘に到着。
丸山荘も深いガスの中。笹ヶ峰方向を望んでも濃いガスのためまったく何も見えない。早々に山頂へ向かう。

↓丸山荘も深いガスの中 笹ヶ峰はまったく見えず
Pb230060

↓笹ヶ峰への登り口 ガスが深い
Pb230068


笹の斜面に入っても周りは濃いガス、視界はほとんどきかない。笹が茂り、膝上あたりまで笹漕ぎになる。笹が濡れているため、急いでスパッツを装着するが、膝の上あたりがずぶ濡れになってしまう。

↓笹原に入ってもガスが濃い
Pb230087

空は明るいもののガスが深くて、一向に晴れてくれそうにない。今日は天気予報がはずれ、晴れ空はあきらめて山頂に立つことだけを目指して笹原を登っていく。

そのうちに、山頂の方で一瞬サーッとガスが切れ、青空が見えた。これは晴れてくれるかもしれない期待が膨らむが、またすぐに深いガスにつつまれてしまう。

↓一瞬、山頂方向のガスが切れ青空が見える
Pb230101

↓しかしすぐまた深いガスにつつまれてしまう 今日は晴れ空はあきらめよう
Pb230104


登山口から2時間30分ほどで笹ヶ峰山頂に到着。今日はもう晴れ空はあきらめていたのだけど、山頂の手前まで来たときに、空がパーッと明るくなった。ガスが抜けていって青空が見えるようになった。急いで山頂に駆け上がる。

↓笹ヶ峰山頂手前 ガスが抜け空が晴れてきた
Pb230118


誰もいない山頂はガスが抜け、きれいな青空が見えている。石鎚山方向は分厚い雲海が立ち込めていて、寒風山、瓶が森、石鎚山の山頂あたりだけが雲の上に突き抜けて見える。大自然が織り成す素晴らしい景色だ。

↓笹ヶ峰山頂 ガスが抜けてきれいな青空に
Pb230132

↓石鎚山方向 分厚い雲海が立ち込める
Pb230125

先週登った冠山、平家平方向はまだ濃いガスの中でまったく見えない。目の前にあるはずのちち山もガスのなかでまったく見えない。

↓ちち山方向 濃いガスでまったく見えない
Pb230147


風が吹いているものの、日差しがあり、今日の山頂は11月末とは思えないくらいのあたたかさ。先週は霧氷で真っ白になっていたのが信じられない。山頂でカップラーメンの昼食を食べていると、ちち山方向のガスが抜けてきて、ちち山が見え始めた。ガスがダイナミックに流れ、見る見るうちにちち山の雄姿が全容を現してきた。ものすごく感動的なシーンだ。

↓愛媛県で7番目の高峰 笹ヶ峰山頂(標高1859m)
Pb230139

↓誰もいない山頂を貸し切り
Pb230148

↓ちち山方向も晴れてきた
Pb230156

↓雲がダイナミックに流れ、ちち山が雄姿を現す
Pb230166

Pb230170

Pb230174

Pb230181

Pb230183


そのうち、ちち山から冠山へとゆるやかに伸びる美しい稜線も見えてくる。素晴らしいとしか言いようがない最高の眺望だ。

それにしても山の天気はわからないものだ。登ってみないことにはわからない。あきらめていた今日の空は、まさに奇跡のような青空だった。

↓ちち山から冠山方向へと延びる美しい稜線
Pb230188

↓先週登った冠山も見えてきた
Pb230186

↓石鎚山方向 左側のピークは寒風山
Pb230218

↓瓶が森と石鎚山をアップで
Pb230222

↓最後にもう一度笹ヶ峰山頂
Pb230228

↓奇跡の青空
Pb230238


<本日の登山>
自宅発5:50→「笹ヶ峰登山口」7:30着~7:40発→「宿」8:22着~小休止~8:25発→「丸山荘」9:00着~小休止~9:03発→「笹ヶ峰山頂」10:05着~昼食~10:55発→「丸山荘」11:38→「宿」12:03着~小休止~12:05発→「笹ヶ峰登山口」12:45着~13:00発→自宅着14:45

| | コメント (0) | トラックバック (0)