« 2014年11月 | トップページ | 2020年8月 »

2014年12月

2014年12月27日 (土)

伊予富士登山(2014.12.27)

今年の12月は何かと用事が立て込んでいるのだけど、ポッカリと暇ができた今日、伊予富士登山へ行ってきた。(ソロ)

大陸の高気圧にすっぽりとおおわれ、最高の晴天の下、白銀の山と青い空の素晴らしい眺望を楽しんだ。

春夏秋冬、山はそれぞれの魅力があるが、やはり僕は雪山がもっとも好きだ。

午前8時半に寒風山登山口に到着。天気がいい休日にしては止まっている車が少ない。さすがに年の瀬も迫り、登山者も少ないのだろうか。

駐車場から登り始めにかけてはガチガチに凍結しているので、今日は最初からアイゼンを装着して登山開始。途中の登山道は、一部、雪が解けてしまっているところもある。今シーズン初のアイゼンで、足元が重たい。気温も高いので、ハードシェルのベンチレーションを全開にして、それでも汗をかきながらゆっくりと登っていく。

桑瀬峠に到着すると、青空を背景に寒風山がきれいに見える。小休止の後、伊予富士へ向かう。

↓桑瀬峠 青空を背景に寒風山
Pc270015

↓雪と霧氷で真っ白な寒風山
P1340789

↓雪の稜線を伊予富士へと向かう
P1340796

青空の下、雪の稜線歩きで気分は最高。サクサクっと雪を踏みしめて一歩一歩登っていると、下界の嫌なことやしんどいことも吹き飛んでしまう。

↓高度を上げると、寒風山の背後に笹ヶ峰とちち山も見えてきた
P1340808

↓左から寒風山、笹ヶ峰、ちち山の美しい眺望
P1340818

↓ピークを越えると伊予富士が見えてきた
P1340823

↓雪の稜線を快適に歩く 気分は最高だ
P1340838

P1340840

↓振り返ると寒風山、笹ヶ峰、ちち山
P1340846

↓伊予富士もだいぶん近くなってきた
P1340847

↓霧氷
P1340860

P1340864

↓霧氷と伊予富士
P1340867

↓鞍部から伊予富士を見上げる、ここから最後の急登
P1340885

午前11時、誰もいない伊予富士山頂に到着。空は最高の青空、360度の大展望、おまけに今日は風も無く暖かく、貸し切り状態の山頂でゆっくりと眺望を楽しむ。真っ青な空と白銀に輝く石鎚連峰の峰々、最高だ。

↓伊予富士山頂(標高1756m)に到着
P1340921

↓誰もいない伊予富士山頂を貸し切り 今日は風も無く暖かい
P1340898

↓西側の眺め 東黒森、自念子の頭、瓶が森へと続く石鎚連峰
P1340891

↓石鎚山をアップで その横にニノ森
Pc270065

↓東側の眺め 歩いてきて稜線が見える
P1340900

↓先月登った冠山と平家平をアップで
P1340907

カップラーメンを食べていたら後続の登山者が到着され、その後も、続々と登ってきている。30分ほどで下山開始。

石鎚山系の山々の眺望を楽しみながら、雪の稜線歩きを堪能し、2014年のいい登り納めができた。

↓下山途中でもう一枚
P1340939

<本日の登山>
自宅発6:30→「寒風山登山口駐車場」8:20着~8:40発→「桑瀬峠」9:25着~休憩~9:35発→「鞍部」10:30着~小休止~10:35発→「伊予富士山頂」11:00着~昼食~11:30発→「鞍部」11:43→「桑瀬峠」12:25→「寒風山登山口駐車場」12:50着~13:10発→自宅着14:20

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月25日 (木)

第9 avec モーリス・ベジャール

毎年クリスマスにはベートーヴェンの交響曲第9番を聴いている。

今年のクリスマスは、先日、NHKのBSでオンエアされた、モーリス・ベジャールが振り付けたバレエと第9との競演を楽しんだ。

モーリス・ベジャールといえば、ラベルのボレロへの振り付けで有名だけど、まさか第9にも振り付けをしていたなんてまったく知らなかった。というか、僕はバレエにはまったく音痴なのだ。

今回放送されたのは、東京バレエ団創立50周年記念として、フランスのモーリス・ベジャールバレエ団と共同制作されたバレエ付きの第9演奏会だ。

O0800032113162372733

主役はバレエなのかもしれないが、第9もズビン・メータ指揮、イスラエル・フィル演奏という豪華な顔ぶれだ。

で、初めて体験したバレエ付き第9だけど、今まで味わったことのない感動に満たされる演奏会だった。

人々が手に手を取り合って天上に舞い上がっていくという壮大な人間賛歌を高らかに謳歌したベートーヴェンの第9と、ベジャールが振付けた原始的なダンス(バレエ)が見事に融合し、今まで見たことの無いような世界観を垣間見せてくれた。

オーケストラの器楽が演奏する交響曲に、人間の歌声を融合させたベートーヴェン。器楽と人声が一体となった第9にダンス(バレエ)を融合させたベジャール。

こんな第9があったなんて驚きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

『ローマ人の物語 27・28 ~すべての道はローマに通ず~』 / 塩野七生 著

久しぶりに塩野七生さんの『ローマ人の物語』(新潮文庫)を読んだ。
今回読んだのは、文庫本の27巻と28巻で「すべての道はローマに通ず」とのタイトルが付けられている。

Pc230018

文庫本の27巻、28巻「すべての道はローマに通ず」は、古代ローマの歴史を描いた『ローマ人の物語』の中ではちょっと異色な作品で、長大な歴史物語のちょうど中間どころでの閑話休題的に、古代ローマの歴史を語る上で、主役のひとつであると言っても過言ではないインフラ整備について書かれた作品だ。

広大なローマ帝国内にくまなく整備された街道網。そして、都市にきれいな水を供給するために整備された上水道、清潔さを保つための下水道。

これまでの『ローマ人の物語』の中においても、塩野さんは古代ローマのインフラ整備についてことあるごとに詳細に述べてきていた。
「すべての道はローマに通ず」は、歴史を時間軸に沿って描くのではなく、インフラ整備という横軸で古代ローマ1000年の歴史を俯瞰した労作だ。

それにしても、2000年も昔の古代ローマ人たちが道路や上下水道といったインフラの重要性を認識し、当時の土木技術の粋を集めて、素晴らしい街道網や上下水道を整備していたことにはただただ驚嘆するしかないが、これこそがまさに古代ローマ1千年の栄華の秘訣だったのではないかと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

『太平洋戦争のif〔イフ〕』 / 秦 郁彦 編

秦 郁彦 編 『太平洋戦争のif〔イフ〕』(中公文庫)を読んだ。

Pc283888

太平洋戦争が開戦した12月8日前後には毎年、太平洋戦争関連の本を読むようにしているのだけど、今年は『太平洋戦争のif』を読んでみた。

真珠湾、ミッドウェー、ガダルカナル、レイテ、本土決戦と、太平洋戦争の重要な局面において、史実とは異なる「イフ」(もしも…だったら)を論じた意欲的な太平洋戦争史で、各テーマともになかなか興味深く読むことができた。

歴史に「イフ(もしも)」を持ち込むことは邪道とも言われているが、本書は単なる「もしも本」ではなく、史実をベースにしながら、当時の様々な資料を厳密に分析し、「もしもこうだったら、どうなっていたか」をシミュレートした一種の研究本だ。

史実を史実として知っている僕たちからすれば、「もしも」を考えてみることにより、歴史の大勢までは変わらないまでも、小さな流れや展開が少しは変わっていたのではないかと思われるところが実に興味深くておもしろい。

そして、「もしも」を考えてみたところで、先の大戦は負けるべくして負けたということを改めて考えさせられた一冊だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

Best Always

大滝詠一のベストアルバム『Best Always』がようやく手元に届いた。

Pc090009

昨年末に急逝した大滝詠一。

その長いキャリアを俯瞰するようなベストアルバムとして今月リリースされた『Best Always』。

CD2枚組みに収録された全35曲は、まさにまさに大滝詠一のベスト・オブ・ベストというべき内容だ。

大滝詠一を敬愛し、リリースされたすべてのCDを持っている者からすれば、収録曲はどれも聞き慣れた曲ばかりだけど、改めてベスト盤として聞いてみると、大滝詠一というアーティストの素晴らしさを思い知らされる。

どの曲も好きな曲ばかりだけど、今回のベスト盤で僕がもっともうれしかったのはシリア・ポールとのデュエット曲「The Very Thought Of You」が収録されたことだ。

アルバム『NIAGARA FALL STARS』の収録曲で、このアルバムがリリースされた僕が高校生だった頃に非常にお気に入りの曲として愛聴していた思い出の曲なのだ。

これまでCDには収録されたことがなくて、僕はLPレコードで持っているだけだったので、待ちに待ったCDリリースなのだ。

シリア・ポールのドリーミーな歌声と大滝詠一のベルヴェット・ヴォイスの絡み合いといったら最高だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2020年8月 »