« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

『百年前の山を旅する』 / 服部文祥 著

服部文祥の山行記『百年前の山を旅する』(新潮文庫)を読んだ。

P8310013

この山行記の非常にユニークなところは、著者の服部文祥さんが、普通の登山ではなく、サバイバル登山に挑んでいるところだ。
サバイバル登山とは?
僕も本書を読んで初めて知ったのだけど、いわゆる現代の登山装備を持たず、狩猟をして食料を自ら確保しながら登山をする、そんな文字通り生き残りをかけて行う登山だ。

なぜ、そのような登山をするのか?
現代の登山は、様々な近代的な装備品によって非常に便利でお手軽になった。
しかしその反面、自然と向き合い触れ合う度合い、自然の中に溶け込む度合い、自由度は低くなっている。
服部さんは、あえて近代的な登山装備を排除することで、100年前、日本登山の黎明期の人々が山で体験していたであろうディープで生々しい登山体験、自然との対峙、自由の獲得を目指しているのではないだろうか。

今までに読んだことのないような山行記で、最初から最後まで非常に興味深く読んだ。
そして、この山行記は、登山者にとっての永遠の課題、「人はなぜ山に登るのか」という問いに対するひとつの答えに到達しているように思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

2014年夏

今日は本当に久しぶりのきれいな青空。
こんなスッキリとした晴れ空になったのは、いったい何日ぶりだろうか。

P8300009

でも、晴れ空といっても真夏の空とはあきらかに違う。
空の青さ、白い雲、太陽の日差し、吹き抜ける風、すべてからもう秋の訪れが感じられる。

8月も今日と明日の2日で終わり。
曇天続きでまったく真夏らしくなかった今年の8月。
夏大好き人間の僕にとっては、いろんな意味で不完全燃焼感がいっぱいだけど、果たして今年の夏はもうこのまま終わってしまうのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月28日 (木)

at the Tokyo Dome

初めて東京ドームでプロ野球観戦しています。
カードは巨人対阪神の伝統の一戦。

2014082818230000

阪神の藤浪投手を相手に、ジャイアンツ打線が奮起。
ホームランは見られたし、2死からのヒット・アフター・ヒットで3得点。
スカッとする試合展開だった。

これまでずっと野球観戦はオープンエアの球場に限るぜって思っていたけれど、初めてドーム球場で野球観戦してみると、これはこれでまたいいものだ。

2014082818040001

人気のカードだけに当日入場券は当然のことながら無かったけれど、立ち見@1,000円というのもgood
外野立見スペースから大声援を送りながらの観戦だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »