« 2014年4月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月21日 (月)

寒風山登山(2014.7.21)

ようやく四国地方も梅雨明け。いよいよ夏本番ということで、寒風山に登りに行ってきました。

朝、8時前に寒風山登山口の駐車場に到着すると、駐車場はほぼ6割方うまっている。中には岡山や広島ナンバーの車も。今日も寒風山、伊予富士登山は多そうだ。

↓緑の木漏れ日の中を快適に登って行く
P1330947

天気も良く空は晴れているのだけれど、山の上の方にはガスがかかっている。そのため、日陰のない桑瀬峠でもそれほど日差しはきつくなく、涼しい風に吹かれながら休んでいるとスゴク気持ちがいい。

↓山の上の方はガスの中
P1330948

↓途中でガスが切れ、寒風山が全容を現す
P1330953

今日は、伊予富士に向かう登山者の方が多いみたいで、寒風山に向かってゆっくり自分たちのペースで歩くことができる。途中、何箇所か、山伝いに登ってくる風の通り道があり、そこに立っているとまさに天然のクーラーのようで心地いい。

振り返ると伊予富士方向も今日はガスがかかっている。今日は残念ながら山頂からの眺望は楽しめないだろうな。僕たちが目指している寒風山の山頂方向も同じような感じだ。

↓伊予富士方向を振り返ると、伊予富士もガスがかかっている
P7210095

↓寒風山山頂が見えてきた
P7210109

登山口から2時間半ほどで寒風山山頂に到着。ガスがかかって笹ヶ峰方向の眺望はきかず。僕たちを何人かの登山者が追い越していったけれど、寒風山山頂にはいなかったので、みんな笹ヶ峰まで足を伸ばしているようだ。

↓寒風山山頂に到着
P1330966

P1330973

↓伊予富士方向は何も見えず
P1330968

↓笹ヶ峰方向もガスの中、稜線を境にガスのせめぎあい
P1330974

僕たちは寒風山山頂で昼食とコーヒーの時間。あいにく景色は見えないけれど、今日はとにかく風が気持ちいい。景色が楽しめないからだろうととは思うけれど、山に登って風がこんなに心地いいと感じたのも久しぶりのことだ。地上では味わえないような涼しい風に心地よく吹かれるのも、夏山登山の醍醐味だ。

↓稜線から立ち上るガス 大自然が織り成すパノラマ
P1330990

↓可憐な花をパチリ
P7210132

今日は、山の景色はもうひとつだったけれど、山の気持ち良さ、心地良さを満喫した登山だった。

<本日の登山>
松山発6:00→寒風山登山口駐車場7:40着~7:55発→桑瀬峠8:55着~休憩~9:15発→寒風山山頂10:33着~昼食~11:25発→桑瀬峠12:40→寒風山登山口駐車場13:08着~13:30発→自宅着16:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

今治西初戦突破

坊ちゃんスタジアムで今治西の今夏の初戦、伊予高校との試合を観戦してきました。

P7200085

僕はもちろん今治西を応援しているのだけれど、対戦相手の伊予は、うちの長男が3月までお世話になっていた学校だし、監督は今治西OBの井上監督だし、ちょっと複雑。
心の中では伊予の応援も3割ほど入り、とにかく両チームにいい試合をしてもらいたかった。

今治西の選手たちを見るのも、昨秋の四国大会以来だけど、キャリア抜群のバッテリーを中心に、一段と安定感とたくましさが感じられた。

上位打線にいい打者がそろっていると評判の伊予が前半にリードして、今治西が追いかける展開になればおもしろいがと思っていたのだけど、今治西先発のエース神野投手は、立ち上がりからさすがのピッチングで伊予高打線を寄せ付けない。安定したコントロールに緩急を織り交ぜ、奪三振の山を築く。

いっぽうの伊予高の先発横内投手も、低めコーナーに丁寧に投げ込み、今治西打線に対しナイスピッチングを見せる。

しかし伊予高は、守備の乱れからランナーをためてしまい、大事な場面で今治西にタイムリーを打たれてしまう。相手チームのエラーを見逃さず、常に先の塁、先の塁を狙う今治西の選手たちの姿勢はさすがに隙がない。今治西は2回表、4点を先制し、試合の主導権を握る。

こうなると試合の流れは今治西。神野投手が伊予打線を被安打1に抑えこむ間に、4回、6回にも得点を重ね、7対0、7回コールドゲームで伊予を破り、順調に初戦を突破した。

エース神野投手はしなやかなピッチングが素晴らしく、安定感は抜群だ。打撃陣では3番越智選手が4安打の大活躍。ランナーがいる場面での勝負強さが光った。

伊予は、スタンドの大応援団と一体になり、最後までよく頑張ったが、序盤、第1シード校今治西という校名に名前負けしてしまったようなプレイが見られ残念だった。

二年振りの夏甲子園出場に向け、今治西は順調な滑り出しとなった。次戦以降も楽しみだ。頑張れ今治西!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

ヤッホー

台風一過の晴天を期待して、久しぶりの伊予富士登山へ。

午前中は期待通りの晴天で、すっかり緑が濃くなった山々と最高の青空が迎えてくれた。

P7120061

それにしても、山登りに行くのもホント久しぶり。ほぼ5ヶ月ぶりくらいだろうか。登山を始めてからこんなに長いブランクがあったのは初めてのことだ。

久しぶりの登山だったので、登山口から桑瀬峠までの急登はさすがに体が重く感じられ、息が上がってしまった。

それでも桑瀬峠を過ぎ、稜線に乗っかると、素晴らしい景色が眺められ、吹き抜ける風も心地良く、気分は最高だ。だんだんと山登りの感覚がもどってきた。

P7120063

P7120064

P7120065

P7120066

ゆっくりと稜線歩き楽しんで、いつもより時間がかかって誰もいない伊予富士山頂に到着。東黒森へと続く稜線、遠く石鎚山と二ノ森、歩いてきた稜線とその先に続く寒風山、笹ヶ峰、ちち山、最高の眺めだ。

P7120067

P7120068

P7120070

P7120071

久しぶりの山行だったけど、やはり山は素晴らしい。大自然の中で過ごす時間サイコーだ。また登りに行こう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年8月 »