日記・コラム・つぶやき2013年

2013年12月16日 (月)

やったぞカーリング女子

カーリングのソチ五輪世界最終予選最終日、五輪出場キップ最後の1枚をかけたノルウェイとの大一番、日本女子チームが見事な逆転勝ちでソチ五輪への出場を決めた。

Team

それにしても最後の最後までしびれる場面連続の見応えのある試合だった。試合前半からなかなか流れに乗れず、苦しい展開の日本チーム。第5エンドに1点を挙げ何とか同点で前半戦を終えると、後半戦も我慢のゲームが続く。

しかし、終盤の第8エンド、リード苫米地選手、セカンド小野寺選手、サード船山選手とナイスショットがつながりビッグエンドとなるチャンス到来。プレッシャーのかかる場面で、スキップの小笠原選手が最終ショットを鮮やかに決め、大量6得点で試合を決めた。

勝因は、苦しい試合展開をチーム全員が我慢我慢でしのぎきり、終盤に訪れた数少ないチャンスを確実にモノにする集中力と勝負強さを発揮したことだ。そして、それを可能にしたのは、チーム全体のコミュニケーションであり、チームワークだと思う。

五輪出場の1枠目を競った中国とのプレイオフ第1戦、中国に大敗を喫した直後のインタビューで、スキップの小笠原選手は悔し涙を見せた。その直後のプレイオフ第2戦、自らの最終ショットで五輪出場を決めた小笠原選手。そんなチームリーダーとしての小笠原選手の働きは本当に素晴らしかった。

Ogasawara

五輪出場を決めた直後の選手たちのインタビューでは、直前まで真剣勝負に挑んでいた厳しい姿から一転して、まるで小さな子どものようにはしゃぎあい、喜び合う選手たちの姿がとても印象的だった。それだけ大きなプレッシャーから解放されたってことだろうと思う。

カーリングという競技は、一見すると静かに淡々と進められていくが、実はものすごいプレッシャーを感じながら競い合う、マインドゲームなのだ。

これでソチ五輪を見る楽しみが大きくなった。五輪の大舞台で活躍する彼女たちを応援するのが楽しみだ。

それにしても、今朝は夜中の3時過ぎまでテレビ観戦していたため、寝不足で一日中、眠くて眠くて…zzz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

松山城散策

天気のいい日曜日の午前、昨日買ったオリンパス・タフ2を持って松山城を散策してきました。

Pc150150

12月半ばとは思えないような暖かくて気持ちのいい陽気。午前中のすがすがしい空気の中、城山を登って行く。

Pc150151

タフ2のF2.0の明るい画像。

Pc150170

Pc150171

↓黄葉

Pc150172

↓青空が美しい。

Pc150173

Pc150175

松山城は観光客でいっぱい。よしあきくんもお出迎え。

Pc150158

↓青空をバックに松山城の天守閣がよく映える

Pc150164

タフ2のマジックモード撮影で遊んでみました。

↓フィッシュアイ 魚から見たらこんな感じに見えるのかな

Pc150180

↓ドラマチック 風雲急を告げる松山城

Pc150179

↓ランダムタイル

Pc150178

↓ミラー 湖面に映る松山城?

Pc150182

↓水彩

Pc150167

↓ついでにミニチュア・モードで松山市街を ミニチュアに見えるかな?

Pc150176

Pc150159

ふつうモードに戻って天守閣の周りをぐるりと。冬ならではの澄み切った青空が美しい。

Pc150163

Pc150162

Pc150161

Pc150160

美しい石垣の曲線を眺めながら、ゆっくりと下っていきます。

Pc150157

Pc150156_2

Pc150155

1時間ほどの松山城散策。たまには観光客気分でこうして歩いてみるのもおもしろいものだ。

Pc150153

タフ2はレンズが明るくて画像が美しい。いろいろ遊べそうだけど、まだまだ機能がよくわからない。今日もGPSのログをとってみたのだけれど、地図表示の仕方がわからない。いろいろ調べてみなければ。で、次回は冬山へGO!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

カーリング女子快進撃

カーリングがおもしろい!

ドイツで開催中のカーリングのソチ五輪世界最終予選、先日、熱戦が繰り広げられているが、日本女子チームが負けなしの5連勝で予選突破し、上位3チームによるプレイオフへの進出を決めた。

96958a9c81818a9995e2e2e0e28de3e6e3e

このところ、連日、夜中までテレビで試合観戦しているのだけれど、このカーリング、本当におもしろい。

最初はルールもよくわからなかったが、ずっと見ているうちにだんだんとルールがわかってきたし、ゲームの進め方や作戦、勝負の駆け引きみたいなことも何となくわかり始めてきた。

今大会に出場しているのは北海道銀行チーム。オリンピック経験者で、結婚、出産を経てリンクにカムバックしてきた小笠原選手と船山選手を中心に、苫米地選手、小野寺選手がチームワークの良さで快進撃を続けている。

ベテランふたりの経験力は本当に心強いし、若手の小野寺選手の伸び伸びとしたプレイ、ベテランと若手をつなく苫米地選手の存在感も大きい。スキップの小笠原選手もチームをよくまとめ、うまく引っ張っているのだけれど、日本女子の強さの秘訣は何といってもサードの船山選手の安定感だ。攻める場面でも守る場面でも、ショットの正確さ、安定感は抜群だ。

予選最終戦は同じく全勝の中国。そして、その後、プレイオフへと進んでいく。

ソチ五輪に出場できるのは、プレイオフに進出した3チームのうち2チーム。このまま全勝でソチ五輪出場を決めてもらいたい。ガンバレニッポン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

今治西快勝

明治神宮野球大会、四国地区代表の今治西が、東北地区代表の八戸学院光星に勝ち、準決勝進出を決めた。

詳しい試合内容はわからないけれど、イニングスコアを見る限りでは、今治西の神野投手が八戸光星を散発6安打に抑える中で、3番越智選手の3安打3打点の大活躍など、今治西打線が効果的に追加点を挙げ、5対1の快勝だったようだ。

いっぽう、中国地区代表の岩国高校も白鴎足利に6対4で見事な逆転勝ち。同じく準決勝進出を決めた。

両校は、あさってが準決勝。決勝戦で今治西と岩国高校の対戦が実現するよう、両チームとも準決勝も頑張ってもらいたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

明治神宮野球大会

今日から、明治神宮野球大会が始まった。

注目は高校野球の部で、全国の秋の地区大会で優勝した強豪校同士がぶつかりあう。

四国地区代表は愛媛の今治西。4年ぶり3回目の明治神宮大会だ。

P1330240

前回4年前は、1年生の林投手の力投で4強まで勝ち上がった。

今大会の初戦は、明日17日に東北地区代表の八戸学院光星。強力打線を有し、前評判が非常に高い強豪校だ。

で、今治西と光星との対戦といえば、2009年のセンバツ、開会日の第3試合で演じた大接戦が思い出される。

開会式で今治西の高市主将が選手宣誓するってこともあって、僕は甲子園に駆けつけ、試合も観戦したのだけど、1対1の接戦は9回までもつれ込み、9回裏、加納選手の激走で今治西が劇的なサヨナラ勝ちした。

明日の試合は、今治西の神野投手と光星の強力打線の勝負ということになりそうだけど、神野投手の粘投でロースコアの接戦に持ち込み、何とか勝機を見出してもらいたい。

全国の強豪相手に自分たちの力試しができるいいチャンスなので、持てる力を出し切って頑張ってもらいたい。

そして、今回の明治神宮大会、中国地区の代表は山口の岩国高校。僕の奥さんの母校なのだ。ドラフト候補にも挙げられそうな好投手がいるようなので、岩国高校にも頑張ってもらいたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

徳島ラーメン

徳島ラーメン、行ってきました。

今日行ったのは、徳島市の繁華街にある「阿波屋」さん。そこのおススメ・メニュー、阿波屋そば700円也を食べてみた。

Photo

徳島ラーメンは今日が2度目で、以前食べたものは、しょう油味が濃厚過ぎて僕にはちょっと合わなかったのだけれど、阿波屋さんの阿波屋そばは、見た目は濃厚そうだけど、実際に食べてみるとそれほど濃厚ではなくて、なかなかの美味。ペロッと一杯いっちゃいました。

そばといっしょに「すだち」が出され、ラーメンが1/3くらいになった頃にすだちを絞って食べると風味が変わっておいしいですよ、とお店の人から聞いたので、ためしてみると、これがまたおいしかった。すだち風味の徳島ラーメン、なかなかのものです。

ちょうどランチタイムだったので、白飯と杏仁豆腐がサービスで付けてもらえたのだけど、手作りの杏仁豆腐がまた美味。濃い目のラーメンを食べたあとのあっさり感がとても良かった。

いつか機会があれば、また行ってみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

亀田音楽専門学校

せっかくの3連休2日目なのに今日は朝から雨。そこで、録りだめしていたNHKの音楽番組「亀田音楽専門学校」を見たのだけれど、これが実におもしろい。

1a6e80f028e0d4e2a4e9f2c7a6ac0fcf

音楽プロデューサー亀田誠治がJ-POPをテーマに、イントロ、コード、テンポ、メロディなどさまざまな要素からJ-POPの魅力を解いていく音楽番組だ。

まず何といっても亀田誠治の軽妙な語り口が何ともおもしろい。しかも、平易な言葉での語りかけが実に簡単明瞭でわかりやすい。

そしてそして、内容は論理的ですごく説得力があり、思わず「うむうむ」、「ぬぁーるほど」と感心させられてしまう。

亀田誠治プロデュース作品は僕も大好きな曲がたくさんあるが、こういう番組を見ていると、彼は音楽感性はもちろん素晴らしいが、そればかりでなく、彼が生み出す音楽は、しっかりとした音楽理論や音楽文化論まで、幅広くて深い知識に裏打ちされているんだってことがすごく伝わってくる。

今後も「亀田音楽専門学校」の放送が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

かご盛レアチーズケーキ

東京出張に行った帰りには、北海道の物産店「どさんこプラザ」に寄って、北海道のおみやげを買って帰るのがこのところのお決まりのコース。

ってことで、今日は札幌の人気店「わらく堂」の「かご盛レアチーズケーキ」を買って帰った。

P1320323

「かご盛レアチーズケーキ」は、クリームチーズと生クリームなど北海道産の乳製品をぜいたくにブレンドしたレアチーズケーキで、ひとつひとつ職人が手作りしているらしい。

クリームチーズの酸味と風味、生クリームのさっぱりとした甘さとなめらかさが絶妙にマッチしてとてもおいしい。そして、ふわふわの食感と芳醇な味わいがサーっと口の中に広がる口どけ感がたまらない。

P1320324

これはまた次回も買って帰らねばっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

ナイスゲームU18

野球のU18ワールドカップ決勝、日本はアメリカに2対3で破れ惜しくも準優勝。しかし、アメリカ相手に最後まで手に汗握る大接戦を演じたナイスゲームだった。

甲子園で活躍した高校球児たちで結成されたU18のドリームチーム。僕は、テレビ放映された第2ラウンド以降の4試合を観戦したが、主将の大阪桐蔭森捕手を中心に、エースの松井投手、済美の安楽投手などの投手陣、常総学院の内田選手、聖光学園の園部選手などの打撃陣が本当によくまとまり、ひとつのチームとしてすごくいい試合を見せてくれた。

昨日の第2ラウンド最終戦と同じくアメリカと決勝を戦った日本。松井投手の好投で中盤まで実にいい試合展開だった。しかし、アメリカチームも投打にわたり本当にいいチームで、最後は、アメリカチームの前に惜敗した。

敗れた日本チーム、森主将をはじめ何人かの選手たちの涙を流している姿が印象的だった。甲子園での戦いを終えた後の今回の大会。親善試合などではなく、日の丸を背負って戦う真剣勝負に挑んでいった彼らの熱きハートに拍手を送りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

Un caffe

今日から9月。

例年ならば、9月といえばまだまだ残暑が続く時期だけど、今年はどういうわけかあの猛暑が嘘だったかのように8月下旬以降は雨の日が多く、すっかり涼しくなった。

今週末も先週末に続いて雨、雨、雨。9月に入った今日も朝から雷を伴う雨が断続的に降り続いている。

こんな日は気分もスッキリしないが、9月になったということで、夏の間は休業していた我が家のエスプレッソマシンを開店させた。

P1020322

さすがに真夏の猛暑の頃は熱いエスプレッソを飲む気にはなれなかったが、これからだんだんと本格的な秋になってくるとエスプレッソがおいしくなる季節だ。

雨の休日の午後、ジョージ・ウィンストンの『AUTUMN』のしっとりとしたピアノ・ソロを聴きながら飲む一杯のエスプレッソ。まさに至福の一杯なのだ。

P1310538

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧