« 明治神宮野球大会 | トップページ | 倉敷へ »

2013年11月17日 (日)

今治西快勝

明治神宮野球大会、四国地区代表の今治西が、東北地区代表の八戸学院光星に勝ち、準決勝進出を決めた。

詳しい試合内容はわからないけれど、イニングスコアを見る限りでは、今治西の神野投手が八戸光星を散発6安打に抑える中で、3番越智選手の3安打3打点の大活躍など、今治西打線が効果的に追加点を挙げ、5対1の快勝だったようだ。

いっぽう、中国地区代表の岩国高校も白鴎足利に6対4で見事な逆転勝ち。同じく準決勝進出を決めた。

両校は、あさってが準決勝。決勝戦で今治西と岩国高校の対戦が実現するよう、両チームとも準決勝も頑張ってもらいたい。

|

« 明治神宮野球大会 | トップページ | 倉敷へ »

日記・コラム・つぶやき2013年」カテゴリの記事

コメント

ハートフィールドさん
こんばんは。


明治神宮大会 気温の低下を心配してましたが
秋晴れの清々しいコンディションでした。

内野の人工芝に慣れない高校球児には
内野ゴロへの守備に酷な場面もありました。
とにかく球足が速い


審判の皆さんがチェンジの度に相当キビキビ動いて
守備に着くように選手を促していたのは
野球連盟の姿勢の現れを感じました。

神野くん キレのあるストレートに バックネット裏からも 自然と声が上がり 注目されていました。


越智樹くんも ジャストミート連発で 勝負強さを感じました。


相手エラーや死四球でランナーを貯めてからの 一打があれば 大差のコールドゲームだったかもです。


準決勝で負けてしまいましたが、チームとしての能力は相当高いですね。

第二試合の 岩国高校
三塁側に移り
内野 沢山のOBと父兄の皆さん
と共に応援しました。


対戦相手はブラバン&応援部隊付き


試合展開も 劣勢

心残りのまま球場を後にしました。


試合結果を見てビックリ
一気逆転でしたね。

応援盛り上がった だろうな〜。


両高 一勝で素晴らしい大会でした。


選抜での活躍を期待して
冬場の成長を祈ります。

投稿: ともひろし | 2013年11月22日 (金) 21時29分

ともひろしさん、神宮での西高&岩国高校の応援、そしてレポをありがとうございました。

西高、四国の代表としてホント良く頑張りました。
大健闘ですよね。
神野投手も全国で通用する投手であることが充分に証明されました。
打線も越智選手を中心に、なかなか勝負強さがあります。

今回もまた準決勝の壁に阻まれてしまいましたが、この悔しい思いを糧に厳しい冬場のトレーニングを頑張ってもらいたいですね。
そして、センバツでは是非とも準決勝の壁を突破する活躍を見せてもらいたいです。
一冬越えた彼らの大きな成長に期待です。

岩国高校も創立130年を越える伝統校です。
地元ではなぜか西高と呼ばれることもあります。
早稲田カラーのユニフォームが伝統を感じさせますね。

これから長い冬場に入りますが、来春のセンバツには、両西高がそろって出場し、大活躍してくれることを楽しみに待ちたいと思います。

投稿: ハートフィールド | 2013年11月23日 (土) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今治西快勝:

« 明治神宮野球大会 | トップページ | 倉敷へ »