« 今治西決勝進出 | トップページ | 南アルプス遠征 »

2012年7月29日 (日)

今治西甲子園だ!

坊ちゃんスタジアムで高校野球愛媛大会決勝戦、今治西と川之江の対戦を観戦してきました。

大混戦だった今年の愛媛大会を象徴するように、決勝戦も手に汗握る大接戦。最後は、今治西が粘る川之江を6対3で振り切って、2年連続の優勝、12回目の甲子園出場を決めた。

それにしても、母校が優勝し、甲子園出場を勝ち取る瞬間の高揚感、歓喜といったら最高だ。何度味わってもたまらない。

P1230320

【決勝戦 川之江3-今治西6】

先攻今治西、後攻川之江。川之江の先発は昨日の準決勝、八幡浜戦で被安打2無四球完封の好投を見せた大西純投手。

1回表、大西投手は今治西を三人でピシャリと打ち取り、上々の立ち上がり。

↓ベストピッチングを続ける川之江大西純投手

P1230288

いっぽう、今治西の先発は、不動のエース伊藤投手。3試合連続で、驚異的なナイスピッチングを続けてきたが、今日は、連投の疲れからか、立ち上がりからボールが浮き気味。ストレートもいまひとつ走りが悪い。

↓今日は調子がいまひとつの今治西伊藤投手

P1230290

1回裏、川之江の1番篠原選手にいきなりレフト前ヒットを打たれると、次打者のときに2盗を決められ、無死2塁のピンチ。送りバントを決められ1死3塁とさらなるピンチ。続く3番尾崎選手に対し、2球ボールが続いたところで、今治西大野監督はピッチャー交代。ショートを守っていた中内選手がマウンドに。伊藤投手はライトの守備に。

急きょマウンドに立った中内投手。3番尾崎選手にセンター前にタイムリーヒットを打たれ、1点を先制される。なおも1死1塁と、川之江ベンチは押せ押せムード。しかし、ここは中内投手が踏ん張り、川之江の4番、5番を打ち取って、最小失点で切り抜けた。

↓今日の勝因 今治西中内投手

P1230293

今日の試合、今治西が1回の立ち上がりを1失点で切り抜けたことが大きかった。あそこで、さらに追加点を奪われていたら、試合の流れ、主導権を完全に川之江に握られてしまうところだった。

しかし、先取点を挙げたことで、試合の流れは川之江に。川之江の先発大西投手は、今日も昨日の好調をそのままキープしたような好投を見せる。低めにストレートが決まり、カウントを追い込むと、落差のあるフォークを投げ込んで今治西打線を翻弄する。

序盤、今治西がヒットや盗塁で同点のチャンスを作るが、ここぞっていうところで大西投手に抑えられあと1本が出ない。

しかし、今治西の中内投手も徐々に調子を上げていく。ボールがどんどん走り出し、3回裏にはMAX137キロで川之江打線を三者凡退。4回も難なく切り抜けると、今治西は5回表の攻撃で、伊藤選手に代打を送り、今日の試合を中内投手に託した。

そして5回裏、試合の流れが変わった。中内投手の調子はさらに良くなり、ストレートの威力もアップしてくる。球速はMAX139キロまで上がり、川之江打線をピシャリ三者凡退に切る。これで試合の流れを引き寄せた。

直後の6回表、今治西は先頭の1番池内選手がセカンドへの内野安打で出塁。次打者も四球で無死1、2塁のチャンス。次打者のとき、キャッチャーがセカンドけん制を悪送球し、無死2、3塁とチャンスが広がる。ここで、3番笠崎選手がセンターオーバーのタイムリー2塁打で2対1と鮮やかな逆転。

↓逆転の突破口 今治西池内選手

P1230302

↓逆転タイムリー 今治西笠崎選手

P1230298

川之江はたまらず投手交代。石田投手をマウンドに送る。次打者4番末廣選手の送りバントがフィルダースチョイスとなり、無死1、3塁とチャンスが続く。しかし、川之江の石田投手も踏ん張り、今治西5番、6番を連続三振で2死を取る。

ところが次打者の当たりは本塁と一塁の線上に上がった高いフライ。これを投手が捕球できず、2点タイムリーエラー。2死だったため、ふたりのランナーがスタートを切れたこと、フライがフェアグラウンドで投手のグラブに当たったこと。今治西にとってはラッキーだった。川之江にとっては、あのフライは投手ではなく、一塁手が捕球にいっていればと悔やまれる場面だった。

4対1とリードを広げた今治西は、9番中西選手もタイムリーを放ち、さらに1点追加、5対1とさらにリードを広げる。

試合が動き始めた6回裏、川之江は連打で1死1、3塁のチャンスを作ると、次打者の三振がキャッチャーパスボールで1点を返す。さらに、4番水野選手にもタイムリーヒットが出て、もう1点を返して5対3と追い上げる。この追い上げムードを、今治西中内投手は冷静に一塁牽制球でランナーを刺し、ムードを断ち切る。

直後の7回表、今治西は先頭の2番檜垣選手がレフト線への2塁打で出ると、次打者の送りバントで3進。続く、4番末廣選手のセンター犠牲フライで1点を挙げ、6対3と再び川之江を突き放す。川之江の追撃ムードをピシャリと断ち切った後の、ダメを押す追加点。この1点は非常に大きかった。

↓ダメ押しの犠飛 今治西4番末廣選手

P1230301

8回裏の川之江、連打とパスボールで1死2、3塁と得点のチャンスを作るが、今治西中内投手が後続を絶ち、川之江の反撃もここまで。

最終回、川之江は先頭の4番水野選手がセンターにあわやホームランかという大飛球をはじき返すが、深く守っているセンターに好捕され万事休す。最後は、今治西中内投手が三振で熱戦に終止符を打った。

今日の試合、今治西の勝因は、1回から急きょマウンドに立った中内投手の踏ん張りだ。急きょの登板にもかかわらず、徐々に調子を上げていき、先制点を奪われて川之江に流れていた試合の流れを、中内投手の好投、そしてチームの守りから引き戻していった。まさに試合巧者ぶりを発揮しての勝利だった。

P1230310

今治西はこれで2年連続の優勝。同じノーシードからの2連覇とはいえ、今年のチームは、昨年のチームのような投打の中心が不在で、チーム力不足が懸念されていた。しかし、大会が始まってみると、厳しいゾーンの中で、強豪校を相手に一戦一戦粘り強く勝ち上がっていき、ひとつ勝つごとにより強くなり、より自信を深めていったように思う。

そして、最後は、守りを中心にした負けない野球で、2連覇を達成した。本当に見事な戦いぶりだったと思う。

甲子園でも、今までやってきた野球を出し切って、自分たちの野球、愛媛の野球が全国でどこまで通用するか挑戦してきてもらいたい。そして、まずは初戦を突破してもらいたい。頑張れ、今治西!!

P1230317

|

« 今治西決勝進出 | トップページ | 南アルプス遠征 »

高校野球2012」カテゴリの記事

コメント

ハートフィールドさん

やりましたね
二年連続十二回目の優勝

今年は特に
守りからの野球
手堅い攻め
が貫かれていたように
感じます。


決勝は
流れが川之江に傾きかけても
動じない守りでピンチを拡げず

集中した攻めは見事でした。


NHKラジオの解説が今西OBの三谷さんでしたが、身内贔屓にならないように
気を遣いながら
苦しいコメント入れ続けていていたのが
ちょっと面白かったです。

さぁ 甲子園です。

チア部の娘には最高の夏になりそうです。

親子共々 応援します

投稿: ともひろし | 2012年7月30日 (月) 12時02分

ともひろしさん、西高やりましたね

今年のチームは正直、ここまでやってくれるとは思ってもいませんでした。
しかし、愛媛大会を戦い抜いていく中で、強くたくましく成長したように思います。
決勝戦では、序盤、流れは川之江でしたが、それでもチームには自信があふれているように見えました。
ここ数年のチームの中で、愛媛大会中にここまで大きく成長したチームはなかったんじゃないでしょうか。

甲子園でも、この成長ぶりを遺憾なく発揮して大活躍してもらいたいですね。

チア部の娘さんも甲子園応援できて最高の夏になりますね

みんなで応援盛り上げましょう

投稿: ハートフィールド | 2012年7月30日 (月) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今治西甲子園だ!:

« 今治西決勝進出 | トップページ | 南アルプス遠征 »