« 『ユリウス・カエサル ルビコン以前(上)(中)(下)』/塩野七生 | トップページ | 猫になりたい »

2011年11月 3日 (木)

ニノ森撤退(2011.11.3)

曇り後晴れの天気予報を信じ、仲間と3人で石鎚山からニノ森登山へ行ってきました。しかし、山の天気はわからないもの。天気予報は見事にはずれ、山は雨とガス。眺望がまったくきかないため、残念ながら途中で撤退となった。

朝7時前に石鎚スカイライン入口に到着すると、すでに20台近くの車が7時の開門待ち。ここに来るまでに、小雨は降り始めるし、山にはガスがかかっているし、天候はイマイチだというのに、さすがは人気の石鎚山だ。

土小屋に到着する頃にはガスはますます濃くなるし、雨足も強くなる。石鎚山方向を見ても、ガスがかかってまったく見えない。車の中で雨が止むのを待っている人もたくさんいたが、僕たちの今日の目標はニノ森。先を急いで、雨の中、レインウェアを着込んで出発する。

<↓ガスと雨の土小屋>

P1180526

登山者がほとんどいない静かな登山道を登って行く。さすがにレインウェアを着て歩くと暑くて汗をかいてくる。しかし、ラッキーなことに雨はだんだん小降りになり、そのうち止んだので第2ベンチでレインウェアを脱ぐ。

雨はあがったものの、ガスは相変わらず濃くかかっていて、石鎚山はおろか、場所によっては視界は10メートルほど。ガスがはれてくれることを願いながら登って行く。

ニノ鎖小屋手前で休憩。石鎚山北壁はガスの中でまったく見えない。瓶ヶ森方向を望むと、一瞬ガスが切れるときもあるが、すぐにまたガスに覆われてしまう。この調子では、ニノ森まで行ってもどうなるかわからないが、とりあえず石鎚山山頂まで行ってみることに。

<↓ニノ鎖小屋手前>

P1180529

<↓石鎚山北壁は濃いガスの中>

P1180530

途中、ニノ鎖小屋は解体されて、跡形もなくなっていた。新しく建替えるそうだけど、今年の冬までには間に合いそうにない。

10時過ぎに石鎚山山頂に到着。濃いガスがかかってニノ森はまったく見えない。神社を参拝したり、休憩をしているうちに、ほんのわずかな時間ガスがはれてニノ森が見えるが、すぐにまたガスで見えなくなる。

<↓石鎚山山頂>

P1180538

<↓ガスの天狗岳>

P1180537

<↓ほんのちょっとだけニノ森が>

P1180533

しばらくするうちに、今日は石鎚神社頂上社の閉門祭ということで、多くの信者さんたちや、多くの登山者の人たちが山頂に登って来る。

はれそうではれないガスを見ながら、どうしたものかと考えていたが、天気が良くなることを信じて、せっかくなのでニノ森へ向かうことに。

面河道分岐からニノ森へ向かう。しかし、一向にガスははれそうにない。むしろ、ますます濃くなっていくようだ。しかし、先を急いでどんどん下っていく。

下っていく。。。ニノ森へ向かう道ってこんなに下がったかなぁ?と20分ほど下った場所で不安になり、地図で確認。しまった!ニノ森への分岐を見逃してしまい、面河道をそのまま下ってきてしまったようだ。

仕方なく登り返す。20分ほど登り返してニノ森分岐に到着。ここを通るのは2度目。前回、1年半ほど前は初めてで、しかもソロ登山だったので注意深く歩いて分岐の標識を見つけたが、今回は少し油断して、標識を見逃してしまったのだ。猛省。。。

<↓ニノ森分岐>

P1180541

この失敗でニノ森行きは断念。ガスははれないし、ここで撤退することに。

石鎚登山道に戻ると、団体登山者の人たちをはじめ、たくさんの登山者が切れ間なく登って来る。途中、東稜基部で昼食。

下るにつれ、ガスがはれたり、青空が見えたりもしたが、土小屋に戻って来ると濃いガスの中。雨も降り始めた。急いで石鎚スカイラインを下っていくと、今度は晴れ空が。まったく山の天気はわからないものだ。

<↓瓶ヶ森が姿を現す>

P1180547

<↓紅葉の石鎚スカイラインを望む>

P1180550

<↓石鎚山東稜がほんの少し>

P1180552

本日の教訓。

その①山の天気はわからない。

その②登山道は油断大敵。

<↓スカイラインからやっと石鎚山が姿を現す、鋭いピークがかっこいい>

P1180553

<↓右端のピーク:石鎚山、左端のピーク:ニノ森>

P1180555

<本日の登山>

松山発5:30→「土小屋」7:20着~7:45発→「第二ベンチ」8:25着~レインウェア脱ぐ~8:35発→「元ニノ鎖小屋」9:20着~休憩~9:40発→「石鎚山山頂」10:00着~10:20発→「面河道分岐」10:25→撤退10:45→「東稜基部」12:05着~昼食~13:00発→「土小屋」14:00着~14:15発→松山着17:20

|

« 『ユリウス・カエサル ルビコン以前(上)(中)(下)』/塩野七生 | トップページ | 猫になりたい »

登山2011年」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
生憎の天候で二ノ森は残念でしたが、閉門祭の日に石鎚のピークに立てて満足です。
久しぶりの登山で今日は爆睡しそうです。
参加できなかった2人を交え、またリベンジですね。

投稿: 風来男 | 2011年11月 3日 (木) 22時11分

本日、参加できずすみませんでした。
用事は20分もかからず済んだだけに、行けなかったのが残念です
家から石鎚方面を眺めていたら、あまりガスってなかったのですが、実際は結構ガスがかかっていたんですね。
ホント、山の天気はわからないですね。
次回は、ぜひご一緒させてください

投稿: ノラえもん | 2011年11月 3日 (木) 22時21分

風来男さん、お疲れ様でした。
晴れそうで晴れない山の天気でしたが、これもまた自然ならではのことですね。
次回は道を間違えることなくニノ森にリベンジです!

投稿: ハートフィールド | 2011年11月 3日 (木) 22時35分

ノラえもんさん、用事は20分で済んだとのことで良かったですね。
道中ネタにさせてもらいました(笑)
ニノ森は次回、みんなでそろって行くために残しておきましたよ。

投稿: ハートフィールド | 2011年11月 3日 (木) 22時38分

お疲れ様です。。

ガスわんだーの世界だったのですね。。

次回は体調整えて参戦したいと思います。よろしくです。

投稿: 山ガール | 2011年11月 5日 (土) 20時27分

山ガールさん、今回は天候にも恵まれず、道も間違えてあえなく撤退となりました。
石鎚山~ニノ森はどうやら来年に積み残しとなりそうですが、次回は是非ともいっしょにアタックしましょう。

投稿: ハートフィールド | 2011年11月 5日 (土) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニノ森撤退(2011.11.3):

« 『ユリウス・カエサル ルビコン以前(上)(中)(下)』/塩野七生 | トップページ | 猫になりたい »