« 『レイジング・ブル』 | トップページ | 『ユリウス・カエサル ルビコン以後(上)(中)(下)』/塩野七生 »

2011年11月26日 (土)

ニノ森ソロ登山(2011.11.26)

久しぶりに素晴らしい晴天になった土曜日、ソロでニノ森登山へ行ってきました。最高の天気に恵まれ、最高の眺望を楽しめた最高の登山になったのだ。

朝、車で西条市へ向かううちに、夜が明けてきて東方に石鎚山系のシルエットが見えてきた。雲ひとつない、ガスもかかっていない、これは天気予報どおり素晴らしい天気が期待できるぞ。

保井野駐車場に到着すると、先行車が1台。出発準備をしていたらさらに1台到着。最近、保井野コースも人気が出てきたのだろうか。

もっと寒いのかと思っていたが、意外と暖かい。歩き始めるとすぐに汗をかくほどだ。でも、から池を過ぎ、しゃくなげ道に入り、高度を上げていくにつれ、登山道にはだんだんと雪が。多いところでは、2、3cmほど積もっている。念のため、アイゼンを持ってきていたが、アイゼンを装着するほどではない。

途中で先行者を追い越し、そこからは僕が先頭だ。トレースのついていない雪道を気分良く登って行く。

梅ガ市分岐を過ぎ、堂ガ森が姿を現すが、今日は雲ひとつない青空を背景に、素晴らしい眺望だ。

<↓青空を背景に堂ガ森>

P1180755

快調に登って堂ガ森山頂へ。鞍瀬の頭が目に飛び込んでくるが、今日は天気がいい上に、空気も澄んでクリアな眺望が最高だ。ここまで登って来た疲れも吹っ飛んでしまう。

<↓堂ガ森から最高の眺望の鞍瀬の頭>

P1180757

<↓本日ひとつ目のピーク堂ガ森 標高1689m>

P1180760

まだ誰も歩いていない雪道を鞍瀬の頭へ向かう。途中、笹が生い茂った下に雪が積もった場所もあり、非常に歩きづらかったが、それ以外の場所は、真っ白な雪の上を気分良く登って行く。天気はいいし、風はないし、暖かいし、快適で気持ちがいい。

<↓雪の道>

P1180807

<↓本日の愛大小屋>

P1180786

<↓白骨林と西の冠岳と石鎚山弥山>

P1180802

<↓雪の稜線道を快適に登って行く>

P1180827

<↓堂ガ森を振り返る>

P1180953

五代の別れに到着すると、ニノ森が姿を現す。きれいな青空を背景にした姿は本当に優美で、何度見ても感動的だ。

<↓ニノ森の優美な姿>

P1180955

<↓鞍瀬の頭とニノ森>

P1180957

ここからニノ森までは場所によってはかなりの積雪で足元に注意が必要だ。アイゼンを装着するほどではないが、ツルツルすべって登りづらい。一歩一歩登って行くうちに、ニノ森山頂に到着。

<↓ニノ森北面の霧氷>

P1180976

石鎚山南壁がドーンと目に飛び込んでくるが、空気もクリアで最高の眺望だ。弥山がすぐ近くに見え、肉眼でも登山者の姿が確認できるほどだ。今日の景色は最高で、伊予富士や笹ヶ峰といった石鎚連峰だけでなく、はるか徳島県の三嶺や剣山、さらには雲から頭を出した大山も見える。

<↓本日ふたつ目のピークニノ森山頂 標高1929.2m>

P1180981

<↓石鎚山へと連なる連峰>

P1180984

<↓伊予富士、笹ヶ峰などの石鎚連峰、その後ははるか三嶺>

P1180872

<↓石鎚山南壁、その上に山頂小屋>

P1180876

誰もいない山頂を貸し切り状態で昼食。途中、香川県から来られたご夫婦が到着。最高の天気、最高の眺望をゆったりを味わう最高の贅沢だ。

<↓愛媛県で2番目に高い場所から、1番高い山を望みながら山頂コーヒー>

P1180880

<↓最後にもう一度、左側は西ノ冠岳、右側は石鎚山弥山>

P1180885

ニノ森を下って鞍瀬の頭の山頂に登り返す。ここからの眺望もまた最高だ。

<↓ニノ森から鞍瀬の頭へ向かう>

P1180886

<↓本日みっつ目のピーク鞍瀬の頭山頂 標高1889m>

P1180901

<↓最高の眺望、手前からニノ森、西の冠岳、石鎚山弥山>

P1180895

<↓これから下っていく堂ガ森方向、遠いなぁ>

P1180915

今日は帰りも長距離なので、そろそろ下山開始。鞍瀬の頭から堂ガ森までの稜線歩きはまさにアルペン気分。これほど長い距離が視界に入る稜線コースは愛媛県ではここだけだろう。天気もいいし、気分は最高だ。

<↓五代の別れから鞍瀬の頭とニノ森>

P1180921

堂ガ森まで登り返し、後は下りばかりだけど、今日はこの下りがかなりの苦労。雪で足がスリップしてしまうのだ。いつもより時間をかけ、ゆっくりと下山した。

<↓堂ガ森から最後にもう一度鞍瀬の頭>

P1180944

それにしてもニノ森登山はやはり最高だ。ハードなロングコースで、登って帰ると膝や足の筋肉は相当なダメージで、2、3日は筋肉痛に悩まされることになるのだけれど、しんどい思いをして登った者だけが目にすることができる最高の眺望。苦労して山頂に立ったときに得られる大きな感動と達成感。これだからニノ森登山は止められない。

<本日の登山>

自宅発5:45→「保井野登山口」6:50着~7:10発→「から池」8:17着~8:20発→「水場」8:58→「梅ガ市分岐」9:20着~休憩~9:25発→「堂ガ森山頂」10:00着~10:05発→「愛大小屋」10:30→「五代の別れ」11:25~休憩~11:30発→「ニノ森山頂」12:10~昼食~12:45発→「鞍瀬の頭山頂」13:18着~13:25発→「五代の別れ」13:40着~休憩~13:45発→「テン場」14:23→「堂ガ森の肩」14:43着~14:45発→「梅ガ市分岐」15:03着~休憩15:08発→「水場」15:25→「から池」15:55→「保井野登山口」16:55着~17:10発→自宅着18:30

|

« 『レイジング・ブル』 | トップページ | 『ユリウス・カエサル ルビコン以後(上)(中)(下)』/塩野七生 »

登山2011年」カテゴリの記事

コメント

風邪気味とお聞きしていましたが、行っちゃったんですね
しかも保井野~二ノ森コースとはお元気ですねぇ。
天気も良かったようで、うらやましいです
とは言え、もう雪の季節なんですね。
1年は早いなあなんて思いました。
また、雪の堂ガ森に連れて行ってください

投稿: ノラえもん | 2011年11月27日 (日) 23時20分

ノラえもんさん、天気が最高に良かったのでニノ森まで行ってしまいました~。
やはりニノ森はいい!
静かな山歩きに最高の景色、ますますニノ森が好きになりました。
今日はかなり筋肉痛ですが。。。

次に行くのは雪の堂ガ森じゃありませんよ、雪のニノ森ですよ!!

投稿: ハートフィールド | 2011年11月27日 (日) 23時33分

保井野コースがお好きですね。
堂が森も梅が市から登ったり、黒森峠から、青滝山経由で行かれたりはしないのですか?
五代ヶ森も登山道の笹を刈ってくれてるようですが・・・、あれこれ行くより、好きなルートを季節で楽しみたい人のようですね
これからの、冬山が楽しみですね~

投稿: ユミ | 2011年11月28日 (月) 10時40分

ユミさん、保井野から堂ガ森~ニノ森のコースは、愛媛県内の登山コースの中で僕がもっとも好きなコースなので、ついつい足が向いてしまいます。
同じコースでも季節によって表情が大きく変わるし、それこそ登るたびに新鮮な感動が得られるので、まったく飽きることがありません。
でもそのうちに飽きがきそうになったら、ご紹介いただいたバリエーションルートにも挑戦してみたいと思います。

ホント、もうすぐ冬山ですね。

投稿: ハートフィールド | 2011年11月28日 (月) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニノ森ソロ登山(2011.11.26):

« 『レイジング・ブル』 | トップページ | 『ユリウス・カエサル ルビコン以後(上)(中)(下)』/塩野七生 »