« 秋の高校野球愛媛県大会組合せ | トップページ | 今治西 VS 松山商 »

2011年9月23日 (金)

今治西 VS 西条

秋の高校野球愛媛県大会1回戦の今治西と西条の対戦を観戦してきました。試合は終始今治西ペースで進み、快勝とまでは言えないまでも、4対1で西条を破り、明日の2回戦への進出を決めた。

【第1試合 今治西4-西条1】

先攻の今治西は1回表、西条先発の三好投手から1番池内選手が四球を選び、2番桧垣選手の送りバントで2進。3番笠崎選手がレフト前ヒットで続き、1死1、3塁と先制のチャンスを広げる。続く4番末廣選手がセンターに犠牲フライで1点先制。今治西、初回からいい流れで先制点を奪い、試合の主導権を握る。

今治西の先発はエース中西投手。先日の三島戦に続き、今日も最初から低目にコントロールよく投げ込み、上々の立ち上がりを見せる。

今治西は3回表、先頭の1番池内選手がエラーで出ると、2番桧垣選手は送りバント失敗するも、今日、当たっている3番笠崎選手がレフト前ヒットで1死1、3塁とチャンスをつくる。ここで4番末廣選手の打球はライト線に上がり、ライトが捕球するかと思ったが、これが抜けて2点タイムリー・ツーベースに。末廣選手は今日、3打点の活躍で、4番の仕事を果たした。

<↓4番の仕事を果たした今治西末廣選手>

P1170741

序盤に3点をリードしてこのまま勢いに乗るかと思った今治西は3回裏、ここまで好投していたエース中西投手が突如乱れてしまう。あれほど制球が良かったのにストライクが入らなくなり、2四球とヒットで1死満塁のピンチ。続く3番白石選手に押し出しの四球で1点を返される。

今治西はたまらず投手交代。背番号10、1年生右腕の石垣投手がマウンドに。石垣投手は1死満塁でいきなり4番西川選手と対戦することになり、非常に苦しい場面。しかし、石垣投手が投じた初球を打った打球はピッチャーゴロで併殺。たった1球でピンチを切り抜けた。

今日の試合、明暗を分けたのはこの場面だった。急きょの交代で苦しい場面の石垣投手に対し、西条4番の西川選手は、簡単に初球から打ちにいってしまった。打った結果はともかくとして、代わったばかりの石垣投手にとっては、大きなプレッシャーのかかる苦しい場面だっただけに、じっくり攻めてこられた方が嫌だったはずだ。

最大のピンチを無失点で脱した石垣投手は、これで調子に乗り、見事なピッチングを見せる。どっしりとした体格から、重くて球威のありそうな速球をコントロール良く投げ込んでくる。西条打線は振り遅れたり、詰まった打球ばかり。回を追うごとに投球内容が良くなっていった。

<↓素晴らしい力投を見せた今治西石垣投手>

P1170738

今治西は4回表、2四球にヒットで1死満塁のチャンス。2番桧垣選手のショートへの当たりが内野安打となり1点追加。4対1と再び3点差に。

しかし、その後は西条の2番手新土居投手の適度な荒れ球を絞りきれず、今治西打線も沈黙。中盤から終盤は両チームとも得点なく、そのまま4対1で今治西が逃げ切った。

立ち上がり調子の良かった中西投手の突然の乱調は誤算だったが、その後を継いだ石垣投手の好投が素晴らしかった。今治西、今日の勝因はこの石垣投手の好投だ。1年生投手陣が踏ん張り、4番打者が打ち、今治西にとってはいい勝ち方だった。

今治西は明日、松山商と対戦することになった。エース堀田投手をはじめ、駒がそろい安定した強さのある松山商を相手に、柔の中西投手と剛の石垣投手、まったくタイプの異なる左右の両投手の頑張りに期待したい。そして、大きな壁を何とか突破してもらいたい。

【第2試合 今治東2-川之石3】

今治市営球場の第2試合は今治東と川之石の対戦。1点を競い合うナイスゲームだった。

序盤から川之石の塩崎投手と今治東の渡邉投手の投手戦となった。両投手ともに、コントロール良く低目にボールを集めて打たせて取るタイプのピッチャー。序盤は、両投手の好投で両チーム無得点。

<↓好投する川之石塩崎投手>

P1170746

<↓きれいなフォームから素晴らしいピッチングの今治東渡邉投手>

P1170749

今治東は5回表、1死1、3塁のチャンスをつくると、4番渡邊選手(捕手)のセンターオーバー2塁打で1点先制。5番渡邉選手(投手)のタイムリーも続いてもう1点。4番、5番の活躍で2点を先制した。

しかし、6回裏の川之石、4番塩崎選手がライトオーバーの2塁打で出ると、次打者もヒットで出塁。6番佐々木選手のライトへのヒットで2点を返し、同点に追いつく。川之石のつながる打線は見事だった。

その後は両チームの投手が踏ん張り、両チーム得点なく、2対2のまま延長戦に突入。

10回裏の川之石、先頭の5番伊藤選手はレフト前にヒットを放つと、レフトの守備がボールをちょっとはじく間にすかさず2塁へ。次打者への投球時にリードが大きく、キャッチャーがセカンドに送球するが、伊藤選手は迷わずそのまま3塁へ走塁。見事な機動力で無死3塁とサヨナラのチャンスを作りだす。

今治東は満塁策。しかし、次打者にレフトへ弾き返されサヨナラ負け。今治東、渡邉投手が素晴らしい投球で接戦に持ち込んだが、最後は川之石にちょっとした隙を攻め込まれ、負けてしまった。

川之石は、何といってもサヨナラを作り出した伊藤選手、相手の隙を突いて、前へ前へねらっていく走塁は本当に素晴らしかった。川之石は、明日は済美と対戦することになった。今日のようにロースコアの接戦に持ち込んで頑張ってもらいたい。

|

« 秋の高校野球愛媛県大会組合せ | トップページ | 今治西 VS 松山商 »

高校野球2011」カテゴリの記事

コメント

私も昨日は今治東を応援しに、今治球場に行っていました。
早めに行って、三回くらいから、今西も見ていましたが、たくさんの人でバックネット裏などには、行けませんでした。
ひょっとして、ハートフィールドさんがいるのかなあ・・と思いましたが・・・
にしても、今治東に勝たしてあげたかったなあ~

投稿: 由美 | 2011年9月24日 (土) 14時16分

由美さんも昨日は今治市営球場に来られてたんですね。
昨日の試合は観客がホント多かったですね。
僕もビックリです。

今治東、負けはしましたがナイスゲームでしたね。
渡邉投手もいいピッチングをしていたし、チームのまとまりもあるし、冬場に鍛え上げて来年が楽しみなチームです!

投稿: ハートフィールド | 2011年9月24日 (土) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今治西 VS 西条:

« 秋の高校野球愛媛県大会組合せ | トップページ | 今治西 VS 松山商 »