« 今治西 VS 西条 | トップページ | 石鎚山 »

2011年9月24日 (土)

今治西 VS 松山商

秋の高校野球愛媛県大会準々決勝、今治西と松山商の試合を観てきました。戦前の予想どおり、大激戦となった大一番は、3対3で迎えた9回裏、今治西が劇的なサヨナラ勝ちでベスト4進出を決めた。

【第1試合 今治西4X-松山商3】

今治西の先発は昨日に続いてエース中西投手。1回表の初球、松山商の1番西森選手が振り抜いた打球はあわやホームランかというようなライトオーバーの3塁打。いきなりピンチを迎えてしまう。続く2番岡本選手がレフト前にはじき返し、打者2人で松山商に1点先制を許してしまう。

なおも無死1塁とピンチが続いたが、ここは中西投手が踏ん張って後続を絶ち、初回を1失点で切り抜けた。立ち上がりの大きなピンチ、大量失点につながりかねない場面だっただけに、ここを最小失点で切り抜けられたことは大きかった。

しかし、今日の中西投手は調子がいまひとつ良くなかった。制球が悪く、ボールが高めに浮いて苦しい投球が続いた。

今治西は3回表から投手交代、中内投手をマウンドに。中内投手も制球に苦しみ、四死球で2死1、2塁のピンチを作ってしまう。今治西、ここで投手交代、左打者の5番倉田選手に対し、左腕の伊藤投手をマウンドに。伊藤投手は気合のこもった投球で三振に取り、ここはリリーフ成功。

松山商の先発はエース堀田投手。立ち上がりからまずまずの投球だったが、今治西の左打者にうまくレフト方向へ打ち返され、ピンチをまねく。今治西は1回から3回まで得点圏にランナーを進めるが、松山商の好守にも阻まれ、あと1本が出ない。

<↓好投した松山商堀田投手>

P1170762

4回表の松山商、先頭打者のサードゴロをサード末廣選手が1塁に暴投、無死2塁のピンチ。次打者が送りバントで1死3塁。続く8番山崎選手がスクイズを決め、2点目。簡単にスクイズを決められてしまったが、いかにもスクイズが来そうな場面だっただけに、今治西バッテリーはもっと警戒してもらいたかったところだ。

松山商は5回表、1死後、3番高木選手、4番堀田選手、5番倉田選手の3連打で1点追加。なおも1死2、3塁のチャンス。今治西は投手交代、中内投手から石垣投手へ。すると石垣投手は昨日に続いて今日も素晴らしい投球で後続を絶ち、追加点を許さなかった。球威、球速とも素晴らしいナイスピッチングだった。

<↓悪い流れをくい止めた今治西石垣投手>

P1170773

5回を終わって3対0と松山商リード。ピッチーの制球が定まらないところを松山商に攻め込まれて得点を重ねられ、攻撃ではチャンスは作るものの、いい当たりが野手の正面を突いたり、好守に阻まれたりで、あと1本が出ない。今治西にとっては苦しい試合の流れが続いた。

その流れをくい止めたのは今日も石垣投手の力投だった。5回、6回とピンチの場面を強気のピッチングで無失点で切り抜ける。

石垣投手の力投で少し流れが変わった6回裏の今治西の攻撃。今治西大野監督はここで勝負に出る。1死後、好投の石垣投手の打順で、東福選手を代打に送る。東福選手の鋭い打球はショートゴロになるが、これを1塁悪送球で2進、1死2塁のチャンスに。

続く7番曽我部選手もショートゴロ、しかしまたもやショートのエラーで1死1、2塁。8番中西選手が死球で1死満塁とチャンスが広がる。ここで9番桧垣選手がセンターオーバー、走者一掃のツーベースを放ち、3対3、今治西がついに同点に追いつく。

<↓殊勲の同点打を放つ今治西桧垣選手>

P1170777

今治西投手陣にとっては最後の切り札だった石垣投手を代えてまで勝負に出た大野監督の勝負師の勘はさすがだけど、それに応えた選手たちも見事だった。

石垣投手の後を託されたのは中内投手。7回、8回と制球に苦しみ、何度もピンチを迎えながらも、粘りのピッチングと野手の好守で何とか無失点で切り抜ける。

<↓最後まで粘り強いピッチングの今治西中内投手>

P1170765

逆に今治西は7回、8回と松山商堀田投手に三者凡退に抑え込まれる。同点に追いついたものの、まだ試合の流れは松山商にあった。

しかし、9回表、1死2塁のピンチを無失点で切り抜けると、今治西ベンチが勢い付く。9回裏、先頭打者の8番中西選手がサードへ絶妙のバントヒットを決め出塁すると、9番桧垣選手が送って1死2塁のサヨナラのとチャンス。続く1番池内選手が初球を振り抜いた打球はレフトオーバーのサヨナラヒット。4対3、劇的なサヨナラ勝ちで今治西が松山商を破った。

先頭打者の中西選手は打席に入るとき、ヒジ当てを付けていなかった。最初からバントヒットをねらって打席に入っていたのだ。サヨナラを呼び込む見事なねらいだった。

今日の試合、今治西にとってはまさに我慢の試合だった。勝因はやはり、今治西の選手たちが最後の最後まで我慢し続けたことだろう。そして最後は松山商に我慢で競り勝った試合だった。

今治西はこれでベスト4。今日の試合が四国大会への大きな山だったが、それを越えられたことで、四国大会も見えてきた。来週末の2試合のうち1つでも勝てば四国大会に出場できるが、ここまで来たからには、どうせなら準決勝を勝って出場を決めてもらいたい。その相手は川之石に決まった。実力があるうえに、勢いに乗る手強い相手だけど、一昨年夏の県大会のリベンジに期待したい。

|

« 今治西 VS 西条 | トップページ | 石鎚山 »

高校野球2011」カテゴリの記事

コメント

詳細でワクワクするレポート、いつも楽しみにしています。中西くんは中学も同じなので応援していますが、エースの座を石垣くんに奪われそうですね。四国大会出場を願っています。

投稿: 九段下のOB | 2011年9月25日 (日) 09時20分

九段下のOBさん、コメントありがとうございます。
中西投手、久々の地元出身エースなのでこれからの活躍に期待大ですね。
石垣投手とともに、左右のタイプが違う2枚看板として順調に成長してくれれば、強力な投手陣になりますよ。
ふたりとも1年生なので今後が楽しみです!

投稿: ハートフィールド | 2011年9月25日 (日) 09時34分

ハートフィールドさん
こんばんは。

秋季大会の記事アップ
ありがとうございます!!

厳しいゾーンを勝ち上がっての県大会ベスト
先ずは健闘に拍手ですね♪

10月の準決勝と決勝が楽しみになりました。


今治在住の家族は高校野球には
さほど相変わらず興味がなさそうです。


中三の娘は今西を目指して受験勉強モードみたいです。こちらも春に向けて健闘を祈るのみです。

投稿: ともひろし | 2011年9月25日 (日) 22時09分

ともひろしさん、激戦ゾーンを勝ち進んでのベスト4は評価できると思います。
新チームは旧チームに比べると全体的に小粒になった感は否めませんが、小粒なりによく頑張っていると思います。
この調子でひとつひとつ勝ち進んでもらいたいですね。

23日の今治市営球場は超満員でした。
今治地方の野球熱の高さを改めて認識しましたよ。

来春は、娘さんの西高合格と西高のセンバツ出場と、ダブルの喜びが訪れるといいですね。

投稿: ハートフィールド | 2011年9月25日 (日) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今治西 VS 松山商:

« 今治西 VS 西条 | トップページ | 石鎚山 »