« 『勝者の混迷(上)(下)』/塩野七生著 | トップページ | 今治西 VS 今治北 »

2011年9月 9日 (金)

皿ガ嶺登山(2011.9.9)

急に休みが取れることになったので山へ行こうと思うが、天気予報は9日(金)は雨模様。微妙な感じではあったので、朝起きて、天気が良ければ山登り、天気が悪ければ「午前十時の映画祭」を見に行くことに。

で、朝起きてみると雲が多いながらも青空が見えている。これは山に行くしかない。午後からは天気が悪くなりそうだし、今日は夕方から用事もあるので、近場の皿ガ嶺へ向かう。

平日のためか、皿ガ嶺登山口の駐車場には車が1台も止まっていない。今日は静かな登山が楽しめそうだ。

<↓誰もいない登山口駐車場>

P1170401

セミの鳴声を聞きながら緑いっぱいの登山道を登って行く。だいぶん涼しくはなったものの、登山口周辺はまだまだ夏山の様相だ。途中、下山する登山者とすれ違ったが、他にも誰もいないのか本当に静かだ。

<↓静かな登山道を登って行く>

P1170403

今日は、いつもの竜神平経由ではなく、初めて十字峠経由のコースに入ってみた。直登気味に登っていくため、いつものコースよりはきついものの、ステップがちゃんと整備されているので登りやすい。汗をかきながら登って行く。

<↓整備された登山道>

P1170406

初めてのコースだけど、緑の天然林が多いし、登山道にも変化があっておもしろい。途中には木のベンチもあって小休止にちょうどいい。きれいな緑の中を快適に歩いて行く。最高に気分がいい。なかなかいいコースだ。

<↓ベンチ、休憩にちょうどいい>

P1170412

<↓天然林の緑が気持ちいい>

P1170424

<↓途中にはブナの大木が>

P1170431

ほどなく十字峠に到着。なるほど、ここで合流するのか。ここからは歩き慣れたいつものコース。間もなく皿ガ嶺山頂に到着。

<↓十字峠、ここで合流するのか>

P1170436

<↓皿ガ嶺山頂>

P1170440

山頂は誰もいなくて貸し切り状態。ベンチに座ってしばらく休憩。雲が出て遠くの山々は見えないが、風が涼しくて心地いい。気温22℃。

<↓山頂ベンチは貸し切り状態>

P1170443

<↓久万方向を望む>

P1170441

<↓ちょっとだけ青空が>

P1170442

しばらく休んで竜神平へ下りていく。途中で、3組の登山者とすれ違った。石鎚山眺望ポイントからも今日は雲で石鎚山は見えなかった。

<↓緑の木々が美しい>

P1170453

P1170454

竜神平も誰もいない。愛大小屋をのぞいて見よう。そういえば、新しくなった愛大小屋の中に入るのは初めてだ。以前に比べると明るくなり、とてもきれいだ。いつか泊まりに来たいと思う。

<↓愛大小屋>

P1170462

P1170465

P1170466

竜神平はススキが風になびき、すっかり秋の風情だ。持ってきたベンチに座って昼食にする。空は曇っているものの、雨は心配なさそうだ。今日はここでゆっくりと時間を過ごすことに。

<↓竜神平>

P1170471

P1170474

P1170479

山の涼しい風に吹かれて最高に気持ちがいい。コーヒーを2杯飲んで、風に吹かれながらボケーッと過ごしていると、いつの間にか1時間半も経っていた。街の喧騒を離れて過ごすこういう時間は最高に贅沢だ。

P1170497

P1170492

P1170495

下山はいつものコースから。時間があるので、木々を眺めたり、写真を撮ったりしながらゆっくりと下りていく。駐車場に戻って来ると、車が10台ほどに増えている。平日とはいえ、やはり来る人は多いようだ。

<↓いつものブナ>

P1170502

P1170511

今までは同じコースのピストンだったけど、今日は初めてぐるっと巡回するコースを歩いた。バリーエーションが広がって、皿ガ嶺の魅力がさらにアップだ。十字峠経由コースの途中にはいくつか分岐道があったので、さらにバリエーションが広がりそうだ。次は、別のコースも歩いてみようと思う。

<本日の登山>

「自宅発」8:30→「皿ガ嶺登山口駐車場」9:30着~9:45発→「十字峠」10:30→「皿ガ嶺山頂」10:45着~休憩~11:00発→「竜神平」11:20着~昼食~12:45発→「駐車場」13:20着~13:30発→「自宅着」14:20

|

« 『勝者の混迷(上)(下)』/塩野七生著 | トップページ | 今治西 VS 今治北 »

登山2011年」カテゴリの記事

コメント

毎年9月のはじめは、瓶が森に、竜胆を見に行くので、他の山には行けません。皿が峰の様子が見れて、よかったです。ありがとうございます。
お天気に恵まれて、いい休日になりましたね。

投稿: 由美 | 2011年9月 9日 (金) 23時59分

由美さん、何とか天気ももって、気持ちのいい初秋の皿ガ嶺を楽しむことができました。
皿ガ嶺は身近にありながら、森林植生、四季の変化、コースのバリエーションが豊かで、本当にいい山ですね。

瓶ヶ森のリンドウですか。
もう咲いているのでしょうか?
僕が初めて瓶ヶ森へ登ったときも、すごくきれいにリンドウが咲いていたのをよく覚えています。
きれいなリンドウが見られるといいですね。

投稿: ハートフィールド | 2011年9月10日 (土) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皿ガ嶺登山(2011.9.9):

« 『勝者の混迷(上)(下)』/塩野七生著 | トップページ | 今治西 VS 今治北 »