« 伊予富士~東黒森登山(2011.4.24) | トップページ | 奈良・京都旅行1日目(2011.5.3) »

2011年5月 1日 (日)

瓶ヶ森テント泊(2011.4.30~5.1)

GW登山第一弾として、瓶ヶ森でテント泊をしてきました(3人)。

天気予報では4月30日(土)は晴れのち曇りの予報だったけれど、昼前に瓶ヶ森林道に入ったときから、空は曇り空。途中で瓶ヶ森が見え始めると、山の上の方はすっぽりと黒い雲に覆われている。「雨かも」と思いながらも、とりあえず瓶ヶ森へ行ってみることに。

駐車場に到着すると、あたりはガスもかかってなくて、薄っすらと陽が射している。少し期待を持ち直して瓶ヶ森ヒュッテのテント場へ向かう。途中で山頂から下山中のグループとお話をし、山頂の情報をもらったのだけど、山頂はガスがかかり何も見えないうえに、風が強くてとても寒いとのこと。やれやれ。

<↓男山を望む>

P1150520

<↓氷見二千石原と女山を望む>

P1150521

しかしまずは瓶ヶ森ヒュッテのテント場でテント設営。テント場には誰もいない。僕たち3人(テント3張)で貸し切り状態だ。テントを設営しようとするのだけれど、風が強すぎてなかなかうまく張れない。途中で風当たりの少ない場所に設営場所を移した。

<↓テント設営>

P1150524

<↓ULスーパー・スパイラル・ダウン・ハガーのデビュー>

P1150525

ここのテント場は広くて解放的で静かで僕はお気に入りだ。しかも、すぐそばにきれいな水場もある。しかし、今回は水場で水を汲もうとするが、何と水が出ない。どこかに水を汲みに行かなければならない。

昼食を食べて、午後からは山頂(女山)へ登ろうと考えていたのだけど、下から山頂を見上げると濃いガスに覆われてしまっていて、しかも風が強くて、ガスや雲が猛烈なスピードで流されている。山頂はあきらめて、水汲みを兼ねて1時間ほど周辺を散策することにした。

<↓女山はガスの中>

P1150533

<↓荒廃が進む瓶ヶ森ヒュッテ>

P1150529

<↓白石小屋、泊り客がいるようだった>

P1150538

<↓瓶壷で水を確保>

P1150541

<↓白骨林>

P1150545

<↓石鎚山北壁がすぐ目の前に でも今日はガスってる>

P1150555

そうこうしているうちに雲行きがどんどん怪しくなり、いつ雨が降り始めてもおかしくないような空模様になってきたので、雨が降り出す前にと午後4時頃から夕食にした。そして、5時過ぎにはテントにもぐりこんだ。

<↓テン場にもガスがかかってきた>

P1150561

7時頃から雨が降り始めた。同時に風がさらに強くなり始めた。シュラフの中でウトウトしていたら、激しい風の音で目が覚めた。9時過ぎだ。これ以降は、時間が経つにつれどんどん風雨が激しくなり、特に風は猛烈な強風になった。時おり、テントが飛ばされてしまうんじゃないかと心配になるくらいの暴風がテントを激しく揺らした。

こうなるとおちおち眠ってもいられない。少しうとうととしていると、暴風の音やテントの揺れで目が覚めてしまう。結局、朝までこの繰り返しだった。

5時に起床。テントの外をのぞくと相変わらずガスがかかり、強風が吹いている。朝食を食べたり、音楽を聞いたりしながら様子を見るが、天候が好転しそうにないので、7時過ぎから風雨の中、テントを撤収し、急いで駐車場へと戻った。

<↓嵐の中、テント中であんぱんとコーヒーの朝食>

P1150566

<↓朝の様子>

P1150568

P1150570

新しく買ったシュラフ「モンベル ULスーパー・スパイラル・ダウン・ハガー#3」のデビューはまさに嵐の中のテント泊となった。今まで経験したことのないような暴風を経験することができた(したくなかったけれど)。で、その使用感は、軽量・コンパクトなことに加え、収縮性は抜群で、シュラフの中で寝返りをしたり、足を組んだりしても楽々だ。また、保温性も予想以上に暖かく感じた。

<今回のテント泊>

4/30(土)自宅発8:30→「瓶ヶ森駐車場」11:30着~11:45発→「瓶ヶ森ヒュッテキャンプ場」12:30着~テント設営~13:30→昼食・散策・夕食→就寝18:00

5/1(日)起床5:00→朝食→テント撤収7:00→「瓶ヶ森駐車場」8:00発→自宅着12:30

|

« 伊予富士~東黒森登山(2011.4.24) | トップページ | 奈良・京都旅行1日目(2011.5.3) »

登山2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瓶ヶ森テント泊(2011.4.30~5.1):

« 伊予富士~東黒森登山(2011.4.24) | トップページ | 奈良・京都旅行1日目(2011.5.3) »