« スパッツ補修 | トップページ | 『凍』/沢木耕太郎 »

2011年2月 5日 (土)

石鎚山登山(2011.2.5)

雪山歩きを楽しもうと仲間3人で石鎚山登山へ行ってきた。しかし、ここ数日の暖かさで、雪がだいぶん解けたようで、先月登ったときのような雪山ではなかった。

ロープーウェイを降り、成就社までの道も雪がだいぶん減ったようだ。真っ白だった木々もすっかり雪が落ちてしまっている。今日は天気がよく、風もなくて、歩いているうちに汗をかいてしまうほどの暖かさだ。

成就社で登山の安全を祈願する。天気のいいわりに今日は登山者が少ない。踏み固められた雪道を、アイゼンなしで行けるところまで進んでみることに。

<↓成就社裏から石鎚山を望む、きれいに見える>

P1150077

途中の雪の状況は、日が当たる場所は解けかけている。八丁からの登りに入ると、高度を上げるにつれ、雪が締まってきていい感じの雪山歩行ができる。しかし、ところどころ雪が解けてしまって地面が見えている場所もあった。

<↓途中の雪、木々の雪は落ちてしまっている>

P1150079

前社森の小屋で休憩。ここからアイゼンを装着。締まった雪をキュッキュッと踏みしめながら登って行く。

<↓前社森小屋>

P1150081

夜明峠に出ると、石鎚山の壁が目の前に迫り大迫力の美しさだけど、山に雪はあるものの、木々に雪がないため、この時期にしてはちょっと寂しい。

<↓夜明峠手前から石鎚山を望む、この眺めが僕はいちばん好きだ>

P1150096

<↓もう一枚>

P1150100

<↓スノーシューで遊ぶ同行者>

P1150105

<↓風紋>

P1150102

<↓三角点ピークを望む>

P1150107

<↓ニノ鎖小屋前の鳥居の雪はこのくらい>

P1150113

ニノ鎖小屋からの巻き道も階段の雪がなくなっている箇所もあった。慎重に一歩一歩登り詰めて行く。

<↓巻き道の階段>

P1150115

弥山山頂に到着すると、なんと山頂には雪がない。ここ数日の暖かい晴天続きで解けてしまったようだ。天狗岳の雪も少ない。しかし、ニノ森方向を見ると、ニノ森、鞍瀬の頭、堂ガ森と続く石鎚連峰はさすがに雪で真っ白だ。

<↓弥山山頂、雪がない>

P1150137

<↓ニノ森方向を望む>

P1150121

<↓天狗岳の雪も少ない>

P1150127

<↓瓶ヶ森方向を望む>

P1150132

山頂も登山者は少なく、今日は避難小屋の中でゆっくりとカップラーメンを食べることができた。外に出るとさすがに風があり、じっとしていると寒いが、この時期としては暖かい。気温は4℃だった。

<↓西日本最高峰で贅沢な山頂コーヒー>

P1150119

暖かいために靄っているのか、はたまた黄砂の飛来なのか、今日は天気のいい晴れ空のわりには空気がクリアでなく、遠景がかすんで見える。

<↓西の冠岳、ニノ森、鞍瀬の頭、堂ガ森と続く石鎚連峰>

P1150143

<↓ニノ森をアップで、行ってみたい>

P1150148

山頂で1時間ほど過ごし下山開始。締まった雪の上をアイゼンのグリップを効かせながらサクサクっと降りていく。快適だ。急斜面は尻セードで滑り降り雪山を楽しんだ。

<↓屋根の雪が落ちた成就社>

P1150151

ロープーウェイを降りると、京屋旅館の温泉で汗を流した。

雪が少なめだったけれど、それでもロングコースで雪山歩きを楽しめた今日の登山だった。

<本日の登山>

自宅発6:00→「登山口駐車場」7:45着→「ロープーウェイ」8:20発~8:30着→「成就社」8:55着~参拝~9:05発→「八丁」9:07着~休憩~9:30発→「前社森小屋」10:32着~アイゼン装着~10:50発→「夜明峠」11:20→「ニノ鎖小屋」12:00着~休憩~12:10発→「弥山山頂」12:40着~昼食~13:40発→「ニノ鎖小屋」14:03→「夜明峠」14:30→「前社森小屋」14:48着~休憩~14:55発→「八丁」15:30着~休憩~15:40発→「成就社」16:10着~16:20発→「ロープーウェイ」16:37着~17:00発→「駐車場」17:15着~「京屋旅館温泉」17:20~18:00発→自宅着19:45

|

« スパッツ補修 | トップページ | 『凍』/沢木耕太郎 »

登山2011年」カテゴリの記事

コメント

石鎚登山、お疲れ様でした

雪が少なくても、白い道を登っていく楽しさは何とも言えませんよね。

同行者の方々も新兵器を持参されていた様子がうかがえ、いいですねぇ~

最後に最近のお決まりのセリフを。

僕も行きたかった~~~!!

投稿: ノラえもん | 2011年2月 6日 (日) 16時43分

昨日はお疲れ様でした。
本当に久しぶりの石鎚を楽しむことができました。

それより、またまた遭難者があったようですね。今日の新聞をみてびっくりです。
雪山の魅力は大きいですが、危険も隣り合わせにあることを改めて感じました。

投稿: 風来男 | 2011年2月 6日 (日) 20時45分

ノラえもんさん、雪が減ったとはいえ石鎚山、存分に雪山を楽しめました。
そういえば、先月登ったときに出来ていた雪だるま、だいぶん崩れてはいましたがまだ残っていました。
次はいっしょに行きましょう!

投稿: ハートフィールド | 2011年2月 6日 (日) 22時34分

風来男さん、お疲れさんでした。
ますます雪山の魅力にハマり込んだことと思います。

同日のほぼ同時刻に遭難騒ぎがあったとはびっくりですね。
やはり登山は常に危機意識を忘れずに楽しまないといけませんね。

投稿: ハートフィールド | 2011年2月 6日 (日) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石鎚山登山(2011.2.5):

« スパッツ補修 | トップページ | 『凍』/沢木耕太郎 »