« 『みんな山が大好きだった』/山際淳司 著 | トップページ | 『星と嵐』/ガストン・レビュファ 著 »

2011年2月26日 (土)

寒風山登山(2011.2.26)

今年初めての寒風山登山へ行ってきました(ソロ)。晴れ空の下、真っ白な雪山と完璧な青空に恵まれ、雪山登山を存分に楽しんだ。

今シーズンはとにかく雪が多く、僕のようにFF車しか持っていない者にとっては、登山口までのアプローチに苦労する。寒風山や伊予富士もアプローチのことを考えて今日まで敬遠してきた。でも、ここ数日の暖かさで登山口まで行けるかと思いやってきたが、登山口駐車場の手前から残雪と路面凍結していたため、林道入口に駐車して、そこから5分ほど歩いて登山口へ。

↓登山口駐車場は凍結

P1150152

8時半前になったが、駐車場にはけっこうたくさんの車が駐車している。さすがは人気の山域だ。登山口の登りからかなりの積雪でたいへんそうなので、最初からアイゼンを装着して登山開始。

↓登山口がいきなりの積雪量

P1150155

空を見上げるときれいな青空。日が射して気温もどんどん上がっていく。桑瀬峠までの急登ではアイゼンを付けていることもあって暑くてたまらない。汗をかきながらゆっくりと登って行く。

↓Perfect blue

P1150160

50分かかってようやく桑瀬峠に到着。ここまでで既にかなり体力を消耗してしまった。しかし、完璧な青空を背景に寒風山の荒々しい表情を眺めていると疲れも忘れてしまう。天気が良く、気温が高くて歩いていると暑いので、ハードシェルを脱いでシャツだけになった。

↓桑瀬峠から寒風山を望む 背景の青空が美しい

P1150166

桑瀬峠から寒風山までの登りは、雪山ならではのルートができていた。途中、トレースが分岐している箇所もあり、いくつかのルートができているようだ。トレースをたどりながら登って行くが、ちょっと踏み外すと足が膝まで入り込んでしまう。雪上歩きを楽しみながら一歩一歩登り詰めていく。

↓雪山専用ルート 青空に登って行く

P1150178

↓振り返ると伊予富士

P1150179

↓寒風山と青空

P1150177

P1150191

↓寒風山~笹ヶ峰~ちち山

P1150200

2時間半ほどでようやく寒風山山頂に到着。入れ違いで3人の先行者が下山したので、しばらくは山頂を貸切状態。天気はいいし、風もなく暖かい。雪山の景色と青空のコントラストが最高に素晴らしい。笹ヶ峰、ちち山の連なりもきれいに見える。冠山の背後にははるか剣山や三嶺も見える。振り返ると、伊予富士から石鎚山へと連なる連峰もよく見える。やはり冬山の景色は最高だ。

↓山頂標識も雪の中

P1150232

↓笹ヶ峰~ちち山を望む

P1150215

↓伊予富士~石鎚連峰を望む

P1150217

↓冠山の背後にははるか剣山と三嶺

P1150228

風もないので山頂の雪の上でカップラーメンとおにぎりの昼食&山頂コーヒー。笹ヶ峰の優美な姿を眺めながら、最高の贅沢だ。で、昼食を食べていたら、山頂に風来男さんたちのパーティ3名が到着。まさか寒風山で出会うとは!

↓飛行機雲

P1150225

今日は、駐車場に止めてあった車のわりには寒風山への登山者が少ない。おそらく伊予富士へ向かった登山者が多いのだろう。

昼食後、下山開始。山頂の気温は5℃だったが、太陽のあたる南斜面では雪がかなり解けかかっている。山頂直下のトラバース道では、下手側のトレースをたどったのだけど、これが大失敗。雪が緩んでしまって足の付け根まで沈みこんでしまい抜け出せなくなってしまった。

↓ここがかなりたいへん

P1150211

その後も、何度も足を沈み込ませながらようやく下山。日のあたる下山道なんてもうすっかり春山登山の陽気だった。今シーズンの雪山登山もそろそろ終わりかもしれない。

<本日の登山>

自宅発6:30→「林道口」8:15→「登山口」8:35発→「桑瀬峠」9:25着~休憩~9:35発→「寒風山山頂」11:05着~昼食~11:55発→「桑瀬峠」12:48着~小休止~12:50発→「登山口」13:24着→「林道口」13:45発→自宅着15:45

|

« 『みんな山が大好きだった』/山際淳司 著 | トップページ | 『星と嵐』/ガストン・レビュファ 著 »

登山2011年」カテゴリの記事

コメント

いや~、ほんとびっくりしました。

県内雪山シーズン終盤の今日の晴天で
もしかしたらハートフィールドさんも来てるのではと思っていましたが、まさか山頂で会うとは。

今日は緩んだ雪に足を取られ、思いのほか苦戦しながらも、小学生パワーに背中を押されながらの登山でした。
今シーズン、霧氷には縁がありませんでしたが、雪山の魅力をを十分堪能することができました。

次は、やはり二ノ森ですかね~

投稿: 風来男 | 2011年2月26日 (土) 23時08分

風来男さん、まさか寒風山で会うとはびっくりですね。
今日は最高の晴天でしたが、雪山というよりはもうすっかり春山みたいでホント暑かったですね。
雪が緩んだ山頂直下のトラバース道で足が抜けなくなったときはかなりあせりました
次はやはり雪があるうちにニノ森に行くしかないでしょう!!
もちろん保井野からのフルコースですよ。


投稿: ハートフィールド | 2011年2月27日 (日) 00時04分

昨日は、お疲れ様です。
かなり暖かくなって、花粉の季節にもなったので、今年度最後?の雪山と思って子どもと行きましたが、そこでお会いするとは驚きです。
以前から登られていたのですね。知らなかった。
先週の伊予富士行きと比べ、1週間でかなり雪が解け、昨日はなかなか大変でした。とにかく暑いくらいで桑瀬峠までの上りは久々にばてました。
今年は雪が多く、例年より雪山が楽しめるかと思いましたが、登山口までのアプローチに不安があって、近場の皿ヶ峰ばかりとなってしまいました。
1月から懲りずに5回も行きましたが、スノーシューを新調したこともあって竜神平でシューイングを楽しめました。
できればあと1回くらい雪山に行きたいですが…
また機会があった風来男さんといっしょに行きましょう。

投稿: ビッグフォレスト | 2011年2月27日 (日) 16時19分

ビッグフォレストさん、寒風山でお会いするとはびっくりしました。
山登りをされていたんですね。
親子で登山、いいですね!

昨日は気温が高く暑かったのと、雪が重たかったためかすごく疲れました。
僕も桑瀬峠までの登りでバテバテで、最初は笹ヶ峰まで行くつもりでしたが、早々にあきらめました。
雪が多かった今シーズンもそろそろ雪山はおしまいでしょうかね。
機会があればご一緒しましょう。

投稿: ハートフィールド | 2011年2月27日 (日) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒風山登山(2011.2.26):

« 『みんな山が大好きだった』/山際淳司 著 | トップページ | 『星と嵐』/ガストン・レビュファ 著 »