« TRABANT | トップページ | 『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』/村上春樹 著 »

2011年1月 8日 (土)

石鎚山雪山登山(2011.1.8)

新春第一弾登山ということで、登山仲間とふたりで石鎚山へ行ってきました。石鎚山は例年にない積雪量だったけれど、雲ひとつない晴天と風もなく暖かい天候に恵まれ、最高の冬山登山を楽しむことができた。

石鎚登山ロープーウェイ乗り場までの道路の路面状況が心配だったけれど、今日は積雪も凍結もなく問題なかった。

2便のロープーウェイに乗り、山頂駅で降りると一面白銀の世界。しかし、風もなく意外と暖かい。成就社まではしっかりと圧雪された登山道をアイゼンなしで歩いて行く。

成就社も昨年の同時期に比べると雪が深い。石鎚山がきれいに見える。参拝を済ませて石鎚山に向け出発。登山道の積雪量も多いが、行けるところまでアイゼンなしで進むことに。登山道にはしっかりとトレースが付いているので、その跡を追って進んで行く。

<↓雪の成就社>

P1140779

<↓成就社から石鎚山>

P1140777

八丁を過ぎて登りが始まると、急峻な場所ではさすがに足が滑る箇所もあったが、それも一部分なので何とかクリアし、アイゼンなしのまま登って行く。

<↓雪道>

P1140785

前神森の小屋のところで休憩。雪をかぶって真っ白になった瓶ヶ森がきれいに見える。

前神森の小屋から登りに入ると、さらに雪が深くなるが、先行者のトレースを足がかりに登って行く。

剣山を巻いて夜明峠手前まで来ると、石鎚山の雄大な姿が目に飛び込んでくる。石鎚山は雪で真っ白で美しい。その雄大で美しい姿に向かって一歩一歩近づいていく。雪は深いところでは膝上まではまり込んでしまうほど。雪道の登りで思わぬ体力を消耗してしんどい。日差しが当たるところは暖かく、途中で話した人によると気温は13℃とのことで、登っていると汗をかいてしまう。

<↓夜明峠手前で石鎚山の全容が>

P1140798

<↓風紋>

P1140804

<↓夜明峠から石鎚山>

P1140811

<↓夜明峠から剣山方向を振り返る>

P1140819

<↓深い雪道を登る>

P1140821

<↓白骨林と瓶ヶ森>

P1140822

<↓石鎚山が近づいてきた>

P1140824

<↓三角点ピーク方向も白銀の世界>

P1140826

ようやく二の鎖小屋に到着。小屋手前の鳥居も昨年以上に雪に埋まっている。小屋の中でようやくアイゼンを装着し、山頂へと向かう。

<↓ニノ鎖小屋手前の鳥居>

P1140835

ここから山頂までの巻き道はさすがに雪が深く、場所によっては階段の手すりも雪に埋もれてしまっていた。右手の谷側に充分注意しながら、慎重に登って行く。途中で、下山する先行者と道を譲り合いながら離合する。

雪の深さのため登りに予想以上の時間を要し、予定よりちょっと遅れて弥山山頂に到着。きれいに晴れ渡った青空、雪の天狗岳もバッチリ見えるし、雪をかぶったニノ森三兄弟をはじめ、空気が澄み切っているので遠くの連峰までクリアに見える。最高の景色だ。雪道で体力を消耗しながらここまで登って来た甲斐があったってものだ。僕たちが山頂に到着したときには、もう既に下山した先行者が多く、山頂には10名ほどしかいなかった。中にはザイルを組んで天狗岳へ向かうパーティもいた。

<↓静寂の弥山山頂>

P1140853

<↓雪のニノ森を背景に今日は山頂紅茶>

P1140840

<↓天狗岳>

P1140839_2

<↓瓶ヶ森方向を望む 石鎚連峰の素晴らしい眺め>

P1140849

<↓西方の眺め 右から西ノ冠岳、ニノ森、鞍瀬の頭、堂ガ森>

P1140854

<↓ニノ森三兄弟をアップで>

P1140855

<↓もう一度天狗岳 山頂には人が>

P1140858

<↓風力発電と完璧な青空>

P1140860 

山頂で長居もしていられないので、手早く昼食を済ませ、参拝を終えると下山開始。登りに比べると楽ではあるが、深い雪道の下山もけっこうしんどい。巻き道で何名かの登山者と離合した後は、時間的にさすがに今から登って来る人はいないだろうと思い、途中何箇所かでは尻セードを楽しんだ。

<↓巻き道の雪>

P1140866_2

P1140865

<↓成就社の手前には大きくてかわいい雪だるまができていた>

P1140869

雪道歩きに足はかなりのダメージを受け、体力的には僕にとって今までに経験したどの登山よりもしんどいものだったが、最高の景色と美しい雪山を堪能した素晴らしい山行きとなった。

駐車場に戻ると、そのまま京屋旅館の日帰り入浴へ。初めてだったけれど、白濁色のお湯が肌にヌルヌルで、とても気持ちよかった。

<本日の登山時間:6時間32分>

自宅発6:30→「ロープーウェイ駐車場」7:50着→「ロープーウェイ山麓駅」8:20発→「山頂駅」8:30着~8:40発→「成就社」9:00着~9:20発→「八丁」9:40→「前神森小屋」10:40着~休憩~10:45発→「夜明峠」11:15→「ニノ鎖小屋」12:00着~アイゼン装着~12:15発→「弥山山頂」12:55着~昼食から13:40発→「ニノ鎖小屋」14:07→「夜明峠」14:27→「前神森小屋」14:40着~休憩~14:45発→「八丁」15:15着~休憩~15:20発→「成就社」15:50着~16:00発→「ロープーウェイ山頂駅」16:20着~16:27発→「山麓駅」16:37着→「駐車場」16:40着→「京屋旅館入浴」16:50着~17:30発→自宅着18:50

|

« TRABANT | トップページ | 『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』/村上春樹 著 »

登山2011年」カテゴリの記事

コメント

今日はホントにお疲れ様でした。

現在、雪道での疲労が体を襲っているところです

それにしても、今年も雪の石鎚に御同行できて感謝です

2年続けて晴天に恵まれたのは、ハートフィルドさんのおかげだと思います。

今年も楽しい山登りを目指しましょう!

投稿: ノラえもん | 2011年1月 8日 (土) 21時55分

ノラえもんさん、お疲れさんでした。
2年続けて晴天に恵まれ、最高の雪山登山を楽しむことができてとてもラッキーでしたね☆
温泉も気持ちよかったです。
幸先のいい新春登山で、今年もいい登山がたくさんできそうですね。

投稿: ハートフィールド | 2011年1月 8日 (土) 23時15分

素晴らしい天気ですね。
やはりお山は天気のいい日に登らないと駄目ですね。
私が行ったときは元旦ですが概ね曇りと強風で最悪でした。
二の鎖上部の小山まではやはり夏道と異なる直登コースになっているのでしょうか?

投稿: やま | 2011年1月 9日 (日) 08時12分

やまさん、昨日は素晴らしい天気に恵まれ最高の雪山登山を楽しめました。
3連休の初日ということもあり、たくさんの方が登られてましたよ。
トレースをそのまま辿って登ったためあまり意識はしませんでしたが、そういえばニノ鎖上部は直登コースになっていてかなりしんどかったように思います。

投稿: ハートフィールド | 2011年1月 9日 (日) 17時33分

新春第一弾登山、お疲れさまでした。
それにしてもすばらしい景色ですね。
ほんと、いっしょに行きたかった~

投稿: 風来男 | 2011年1月10日 (月) 23時03分

風来男さん、石鎚登山最高でしたよ。
これほどの雪山は初めての体験で、冬山の魅力に更に引き込まれてしまいました。
ホント、いっしょに行けたら良かったですね。
山頂から眺めた雪のニノ森が呼んでましたよ!

投稿: ハートフィールド | 2011年1月10日 (月) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石鎚山雪山登山(2011.1.8):

« TRABANT | トップページ | 『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』/村上春樹 著 »