« ビバーク・ツェルト・スーパーライト | トップページ | 皿ガ嶺断念 »

2011年1月22日 (土)

堂ガ森撤退(2011.1.22)

天気予報は絶好の登山日和。素晴らしい雪山を期待して保井野から堂ガ森へ。(ソロ)

保井野の集落を過ぎると路面が凍結。この前買ったタイヤ・チェーンNJ-3を初めて装着。まだ慣れていないため装着に手間取ったが、それでも両輪で5分ほどで装着完了。ゆっくりと走ってみる。凍結した急カーブではちょっとスリップしたけれで、それ以外はグリップが効いた走行ができる。

保井野駐車場は積雪でいつもの場所には駐車できない。これほど積雪があるのは初めてだ。到着時間がちょっと遅かったけど、今日は1台も駐車していない。堂ガ森を見上げると、山頂がきれいに見える。今日は最高の景色が期待できそうだ。準備をして出発。

<↓雪の駐車場>

P1140982

<↓駐車場から堂ガ森山頂を見上げる>

P1140983

登山口から積雪がある。アイゼンを着けるほどではないので、そのまま進む。スノーシューのトレースがあるが、新しいものではなさそうだ。どうやらここ数日は誰も登っていないようだ。

高度を上げるにしたがって積雪が深くなっていく。登山口から900m地点ではひざ下くらいまで。スノーシューのトレースは青滝山の方向へ向かっていて、分岐から先、堂ガ森方向へはトレースがなくなり、いよいよラッセル開始。

<↓雪がだんだん深く>

P1140989

ふかふか雪に足を取られながら一歩一歩登って行く。保井野名物の急登の連続で、ひとりラッセルはかなりキツイ。ちょっと踏み外すとひざ上まで入り込んでしまう。予想外に時間を要してしまう。

ふだんの2倍、2時間ほどかかってようやく「から池」に到着。時間と体力をかなり消耗してしまった。から池から先はさらに雪が深くなるので、休憩をかねてここでアイゼンを装着した。

<↓雪のから池 標識もこれくれいまで埋まっている>

P1140995

<↓から池の先へ>

P1140994

昨夜は寝るのが遅く、今朝は予定時刻を寝過ごしてしまい、寝不足のうえに出発時間も遅くなってしまった。この積雪状況で、このペースで登っていたのでは今日は堂ガ森山頂までは無理かもしれない。どこまで登れるかわからないが、午後1時になるまで登れるところまで登ってみることにしよう。

しゃくなげ道に入ると、ますます雪が深くなり、急斜面を登って行くのはかなり大変だ。ピッケルや左手も使いながら我慢我慢で登って行く。

<↓雪景色>

P1150003  

1時間登っても水呑場に到着できない。それどころか、水呑場の手前の登りではいよいよ積雪が腰の深さになり、急登を進めなくなってしまった。止む無く今日はここまでで撤退することに。今日くらいの積雪量であれば、スノーシューを着用して、もっと早い時間から登らないと山頂までたどり着けないだろう。

<↓今日はここまで>

P1150008

<↓激戦の跡>

P1150009

下りもふかふか雪に足を取られて歩きづらい。斜面が急なので尻セードもできない。登るよりは楽だけど、一歩一歩慎重に下りていく。ザクザクと雪を踏みしめながら歩くのは本当に気持ちがいい。

<↓気持ちのいい雪山歩き>

P1150024

<↓木々の影が伸びる雪原>

P1150029

から池で雪中ラーメンを食べる。天気が良くて、空はきれいな青空だ。一面雪の中だけど、今日は風もなくて日が当たるととても暖かい。

<↓から池で昼食>

P1150052

<↓本日デビューのゴア手袋>

P1150032

<↓今日はから池コーヒー>

P1150047

<↓から池周辺>

P1150039

<↓見上げるときれいな青空>

P1150037

<↓急傾斜を下っていく>

P1150054  

堂ガ森山頂に立てなかったのは残念だけど、誰もいない静かな雪山に自分だけのトレースを残しながら、心地良い雪山歩きを楽しめた。近いうちに堂ガ森山頂にリベンジだ。

<今日の登山>

自宅6:45発→「保井野駐車場」8:30着~8:45発→「から池」10:45着~アイゼン装着~11:05発→「水呑場手前」12:15・撤退→「から池」12:50着~昼食~13:30発→「保井野駐車場」14:30着~14:50発→自宅16:40着

|

« ビバーク・ツェルト・スーパーライト | トップページ | 皿ガ嶺断念 »

登山2011年」カテゴリの記事

コメント

本日の登山お疲れ様でした。

登頂できなくても、この幻想的な雪道を歩いただけでも値打ちがありますよね

これだから保井野からの登山は止められませぬ。

仕事サボって、僕も行きたかった~~

投稿: ノラえもん | 2011年1月22日 (土) 23時15分

ノラえもんさん、仕事ご苦労さまでした。

ノラえもんさんの挑発にのせられて堂ガ森に行ってしまいました
先日の石鎚山以上の積雪で予想外に時間がかかり、体力不足もあって途中撤退となりました。
人を寄せ付けないようなこの厳しさも保井野登山の魅力ですね。

山頂には立てませんでしたが、静かな雪山歩きを堪能できました。
足はパンパンになってますが…

投稿: ハートフィールド | 2011年1月23日 (日) 00時24分

お~堂ガ森行かれてたんですね。

実は、私も友人に誘われ皿ケ嶺に偵察に行ってきました。
積雪50cm~、風穴駐車場には車はありませんでしたが、下から登られた数名が山頂にいました。
真っ白な堂ガ森が見えましたが、すごい積雪だろうな~と話したところでした。

雪山の下り、楽しいですね。

投稿: 風来男 | 2011年1月23日 (日) 16時44分

風来男さん、雪の堂ガ森に挑みましたが、保井野コースの厳しさにはね返されてしまいました。
これだから保井野はやめられません。
皿ガ嶺も遠景で真っ白になってましたね。
50cmも積雪があったんですか?
皿ガ嶺は近場にある低山だけど、四季それぞれの魅力があるいい山ですね。

投稿: ハートフィールド | 2011年1月23日 (日) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堂ガ森撤退(2011.1.22):

« ビバーク・ツェルト・スーパーライト | トップページ | 皿ガ嶺断念 »