« 「ノルウェイの森」私訳 | トップページ | 「アンタッチャブル」 »

2010年12月 4日 (土)

堂ガ森~ニノ森~鞍瀬の頭登山(2010.12.4)

天気予報は快晴。これは山に行くしかない。ちょうど先日買ったニュー・ザックのデビュー登山になるので、行き先は僕が愛媛県内でもっとも好き山、ニノ森しかない。

と言うことで、ニノ森登山へ行ってきました(ソロ)。天気は予報どおり快晴。山の景色は最高だし、日差しも12月とは思えないような暖かさで、ニュー・ザックのデビューを飾るにはまさに完璧な一日だった。

朝5時自宅発。空を見上げると満天の星空。これは晴天が期待できる。保井野登山口までの道路は、昨日の強風で折れた木の枝や落ち葉が散乱し、走りにくい。いつも以上にゆっくりと走り、午前6時過ぎに駐車場一番乗り。すぐに準備を整え、まだ暗いなか、ヘッドランプをつけて登り始める。

登山道にも昨日の強風でたくさんの落ち葉が積もり、ふかふかになって歩きづらい。でも、暖かいせいか、雪も凍結もなく、快調に登って行く。7時前になると少しずつ夜が明け、林間の登山道も明るくなってきた。

から池を過ぎると、路面に霜柱が立っていて滑りやすくなるが、アイゼンは不要。

<↓丹原高校の生徒さんたちが運び上げ、設置してくれたハシゴ、ありがたい>

P1140060

2時間ちょっとで梅ガ市分岐に到着。森林限界を越えて、パーッと視界が開けるが、期待したとおり雲ひとつない快晴だ。遠くの山々まですっきりときれいに見える。

<↓堂ガ森を目指して登る>

P1140072

堂ガ森の肩に到着すると、鞍瀬の頭の雄姿がドーンと目に飛び込んでくる。しんどい思いをして登り続け、突然、鞍瀬の頭が見えてくる瞬間は、何度登ってホント感動的だ。堂ガ森山頂で小休止。

<↓鞍瀬の頭がドーンと、感動的>

P1140084

<↓堂ガ森山頂>

P1140079

<↓登って来た道を振り返る>

P1140080

<↓堂ガ森山頂 1689m>

P1140090

<↓山頂から鞍瀬の頭方向を望む>

P1140095

青空を背景にした鞍瀬の頭を眺めながら、堂ガ森を下り、五代の別れを目指す。笹で見えない地面がところどころ凍結していて滑りやすいが、快晴の空の下、笹の尾根道を気持ちよく快適に歩く。鞍瀬の頭方向への登りは、まさに青空に向かって登っているようで、最高に気分がいい。

<↓堂ガ森を振り返る>

P1140122

<↓笹原の中、青空に向かって快適に登って行く>

P1140135

<↓白骨林と堂ガ森>

P1140150

五代の別れに到着すると、今度はニノ森の上品で優美な姿が目に飛び込んでくる。本日、二度目の感動的ご対面だ。背景は完璧な青空、緑の笹もきれいだし、最高の眺望だ。堂ガ森方向を振り返ってみるが、後続の登山者は見えない。今日はニノ森貸し切り状態だろうか。

<↓鞍瀬の頭とニノ森>

P1140258

<↓ニノ森>

P1140262

五代の別れからニノ森を目指す。さすがにこのあたりからは登山道に雪が残っている。といってもほんのわずかなので、アイゼンは不要。スリップに気をつけながら慎重に登って行く。ニノ森手前からの笹漕ぎは、笹の葉の上の雪がズボンにかかり、いつの間にかズボンはびしょ濡れになってしまった。

予定より少し早くニノ森山頂に到着。今度は、石鎚山の南壁とそこから連なる西ノ冠岳の厳しく切り立った姿が目に飛び込んでくる。快晴のうえ、空気もクリアなので、この景色はまさに圧倒的だ。

そして、土小屋や石鎚スカイラインもきれいに見える。その奥には、伊予富士や寒風山、笹ヶ峰の姿も見える。さらには、赤石山系や遠く剣山までくっきりと見える。また、視線を下に向けると、西条市や新居浜市の市街、今治市のしまなみ海道や松山平野も遠望できる。

<↓ニノ森山頂 1929m>

P1140199

<↓ニノ森山頂から石鎚山南壁、西の冠岳を望む>

P1140222

<↓石鎚山弥山をアップで>

P1140209

<↓山頂コーヒー>

P1140232

<↓最後にもう一枚>

P1140205

山頂はやはり貸しきり状態。風も無く、日当たりも良くてとても暖かい。昼食のラーメンを食べている間に、ずぶ濡れのズボンもすっかり乾いてしまった。最高の景色を独占し、のんびりと日向ぼっこ。山頂コーヒーも飲んで、最高の贅沢だ。結局、1時間近くも長居してしまった。下山準備をしていたら、単独の男性が山頂に到着された。入れ違いに下山開始。直後に、もうひとり単独男性とすれ違った。今日のニノ森登山は結局、3人だけだったようだ。

最高の天気なので、帰りには鞍瀬の頭へ。山頂からニノ森、石鎚山、西ノ冠岳の景色は格別だ。いつまでも座っていたいが、ここから先が長いので、早々に下山開始。

<↓ニノ森下りから鞍瀬の頭>

P1140235

<↓鞍瀬の頭山頂 1889m>

P1140239

<↓鞍瀬の頭山頂からニノ森、石鎚山、西の冠岳>

P1140248

ここからはほとんど休憩なしで歩き続け、午後4時過ぎに駐車場にたどり着いた。ニノ森で出会ったふたりの登山者には下山途中で追い抜かれてしまった。

<↓最後に鞍瀬の頭>

P1140277

保井野からのニノ森ピストン往復登山。やはりキツイ。ロングコースのうえに、ずっと急峻な登山道が続き、しかも岩石や落ち葉で足元が悪く歩きづらい。しかし、このコースは、堂ガ森、鞍瀬の頭、ニノ森と一日で石鎚連峰の3つのピークに立つことができ、また、それらの山の景色は最高に素晴らしい。ハードコースを登った者だけが目にできる絶景だ。そして、ハードコースであるだけに、何よりも達成感が大きい。だから僕は、このコースが愛媛県内でもっとも好きなのだ。

<本日の実登山時間:7時間59分>

自宅発5:00→「保井野登山口」6:15着~6:30発→「から池」7:35着~休憩~7:40発→「水場」8:16→「梅ガ市分岐」8:38着~休憩~8:45発→「堂ガ森山頂」9:20着~休憩~9:30発→「テント場」9:50→「五代の別れ」10:45着~休憩~10:55発→「ニノ森山頂」11:40着~昼食~12:35発→「鞍瀬の頭山頂」13:05着~休憩~13:10発→「五代の別れ」13:30→「テント場」14:00→「堂ガ森の肩」14:15着~休憩~14:20発→「梅ガ市分岐」14:33→「水場」14:50→「から池」15:18着~休憩~15:25発→「保井野登山口」16:18着~16:30発→自宅着18:00

|

« 「ノルウェイの森」私訳 | トップページ | 「アンタッチャブル」 »

登山2010年」カテゴリの記事

コメント

おー、やはり行かれてましたか( ̄▽ ̄)

家のベランダから山を眺めたら、雲ひとつない空。
「ザックのデビューに行ったかなあ」と思っていましたが、期待どおりでした

鞍瀬の頭はホントきれいですね。
ボクもこの景色が大好きです。

これからますます空気が澄んで、いい光景に出会えそうですね。

P.S.
ハシゴをかけてくれたのは、丹原高校の生徒さんだそうですよ

投稿: ノラえもん | 2010年12月 4日 (土) 22時26分

ノラえもんさん、暖かくて雲ひとつない快晴のもと、最高の景色を楽しめました。
みんなをお誘いしようにも、何分、昨夜の天気予報を見て、急きょ行くことにしたもので(笑)
久々のソロ登山になりました。

保井野からのニノ森登山はいくつもの絶景が楽しめるうえに、変化に富んだ最高のコースですね。
ハードコースを求道的にひたすら歩くのも好きだし、何よりも大きな達成感があります。

次回はみんなで雪のニノ森へ登りましょう。

ハシゴの件、知らせていただきありがとうございます。
早速、訂正しておきました。

投稿: ハートフィールド | 2010年12月 4日 (土) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堂ガ森~ニノ森~鞍瀬の頭登山(2010.12.4):

« 「ノルウェイの森」私訳 | トップページ | 「アンタッチャブル」 »