« 『山本五十六(上)』/阿川弘之著 | トップページ | 『山本五十六(下)』/阿川弘之著 »

2010年11月21日 (日)

寒風山~笹ヶ峰登山 with 山ガール(2010.11.21)

いつもの登山仲間3人と山ガールで寒風山から笹ヶ峰ピストン往復登山へ行ってきました。

今日の天気予報は晴れ。朝、西条へ向かう道中でも朝日で石鎚山系がきれいに見えていたので、バッチリ晴れると確信を持って行ったのだけど、山の天気はわからないもの。残念ながら今日は一日中、山の上はガスがかかり、風も強くてとても寒かった。

朝8時頃に寒風山登山口に到着すると、すでに車が20台以上駐車している。さすがは人気の登山エリアでちょっとビックリ。山の上を見上げるとガスがかかっている。登っている間にガスがはれてくれることを期待しながら登山開始。

元気な山ガールの軽快な足取りに背中を押されながら桑瀬峠までの急登を登って行く。山ガールの手前、山オヤジにしてはちょっと頑張りすぎていつもよりハイペース。桑瀬峠に着いた頃にはすっかり汗びっしょりだ。

で、桑瀬峠、ガスがかかって寒風山も伊予富士方向もまったく眺望がきかない。西条市側や高知県側は晴れていて、青空も見える。ガスさえ抜けてくれれば、きっと秋晴れになるに違いない。そうなってくれることを信じて寒風山へと向かう。

寒風山へと登って行くが、昨夜は暖かかったからか霧氷はまったくない。振り返って伊予富士方向を見てもガスがかかってまったく見えない。景色は楽しめないが、頑張って登って行く。

寒風山山頂には先行者が数名休んでいたが、ガスがかかって眺望はまったくきかない。小休止をして、笹ヶ峰へと向かう。

<↓寒風山山頂>

P1140010

<↓一瞬、ガスの切れ間に>

P1130978

<↓高知県側は晴れ空>

P1130981

寒風山下りの北側斜面は、ところどころに雪が残り、地面もぬかるんで歩きづらい。その上、山ガールに視線を奪われ、先頭を歩きながら何度もスリップして転んでしまった。

そのうち、笹ヶ峰が見える尾根道に出るが、やはりガスに覆われて笹ヶ峰は見えない。快適な尾根道歩きのはずなのに、眺めを楽しめないまま笹道を登り続ける。途中、何箇所かは雪が残り、岩場はすべって歩きにくい。何組かの下山者と道を譲り合いながら慎重に登って行く。

<↓笹ヶ峰はガスの中>

P1130982

<↓ところどころ雪が>

P1140009

やっと笹ヶ峰山頂に到着。やはりガスだ。しかも高知県側から吹き上げてくる風が強くて、寒くてたまらない。石積みの陰で風を避けながら昼食を食べる。寒い中でのカップラーメンは最高なのだけど、今日は風が強いからかバーナーでなかなかお湯が沸かず、ぬるま湯固めんラーメンになってしまった。

<↓笹ヶ峰山頂>

P1130988

<↓一瞬、ガスが抜けて沓掛山が>

P1130986

<↓チチ山方向>

P1130999

<↓山頂コーヒーはシェラカップで>

P1130984

山頂で昼食を食べていると、時おりガスが抜けて日光が射し、一瞬、暖かくなる。が、すぐにガスに覆われ、また元の状態に。今日は、そんな状態の繰り返しだった。寒い寒いと言いながらも、笹ヶ峰山頂に1時間も長居してしまった。

<↓一瞬、青空が>

P1130995

<↓笹原>

P1130994

体が冷え切ってしまったので、急いで下山する。しかし、足元が悪く、なかなかテンポ良く歩けない。ゆっくりと慎重に降りていく。

<↓下山中、ガスの切れ間に笹ヶ峰が>

P1140005

<↓一瞬だけ寒風山と青空>

P1140012

駐車場に戻ったときには止まっている車は僕たちの車だけ。結局、今日は僕たちが最後の下山者になったようだ。木の香温泉に直行し、冷え切った体を暖める。登山の後の温泉がますますありがたい季節になってきた。

今日はロングコースを歩いたが、ガスのため残念ながら眺望はまったく楽しめなかった。それでも山ガールといっしょの登山は華があって楽しくていいものだ。

<本日の実登山時間:6時間25分>

松山発6:00→「寒風山登山口」8:15着~8:30発→「桑瀬峠」9:10着~9:20発→「寒風山山頂」10:15着~10:27発→「笹ヶ峰山頂」12:05着~昼食~13:10発→「寒風山山頂」14:40着~14:50発→「桑瀬峠」15:40着~15:45発→「駐車場」16:25着~16:40発→「木の香温泉」17:10着~18:10発→松山着19:50

|

« 『山本五十六(上)』/阿川弘之著 | トップページ | 『山本五十六(下)』/阿川弘之著 »

登山2010年」カテゴリの記事

コメント

21日は寒風山方面でしたか・・
私は20日の夜から石鎚山でした。

YAMAガールといっしょの山行、いいですね~、「背中を押され・・・」 「視線を奪われ・・・」その気持ち、よ~く解ります。
しっかし、笹ヶ峰までとは元気なガールですね。

この日、霧氷が無くて残念でしたね。石鎚山も霧氷は皆無でした。霧氷と石鎚山を撮りたかったのですが(笑)

投稿: やま | 2010年11月21日 (日) 23時32分

本日もお疲れ様でした

写真が上手なので、結構暖かそうな感じを受けますが、実際はかなり寒かったですね~
久しぶりに凍えておりました。

でも、こんな体験もいい思い出になるから、山登りはやめられません

また、山ガールと登りに行きましょう!

投稿: ノラえもん | 2010年11月21日 (日) 23時34分

皆様今日はお世話になりました。
天候は残念でしたが、久しぶりの山登り&after十分楽しめました。
それにしても山ガールやりますね!!

投稿: 風来男 | 2010年11月21日 (日) 23時46分

やまさんは石鎚でしたか。
寒風山方面と同じく霧氷は無かったんですね。

山ガールとの登山は、華やかで明るくて楽しいものですね。
こちらも元気になります。

投稿: ハートフィールド | 2010年11月22日 (月) 22時37分

ノラえもんさん、お疲れさんでした。
とにかく寒かったですね。
いつかの伊予富士登山を思い出しました。

下界は晴れだったみたいなのに山の上はガス。
山の天気はホントわからないものです。
山の奥深さを感じますね。
また行きましょう!

投稿: ハートフィールド | 2010年11月22日 (月) 22時40分

風来男さん、お疲れさんでした。
天気がちょっと残念でしたが、ロングコースを制覇した達成感はあったんじゃないでしょうか。
これからは冬山。
次は冬山に挑戦してみましょう!

投稿: ハートフィールド | 2010年11月22日 (月) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒風山~笹ヶ峰登山 with 山ガール(2010.11.21):

« 『山本五十六(上)』/阿川弘之著 | トップページ | 『山本五十六(下)』/阿川弘之著 »