« 皿ガ嶺登山(2010.11.3) | トップページ | 『ノルウェイの森』/村上春樹 »

2010年11月 4日 (木)

『登山不適格者』/岩崎元郎

岩崎元郎さんの著書『登山不適格者』を読んだ。中高年登山者の山の事故が増えている中、安全で楽しい登山を楽しめるよう警鐘を鳴らす内容で、僕にとってもまさに身が引き締まる思いの一冊だった。

P1130636

岩崎元郎さんは、有名な登山家であり、無名山塾を設立したり、NHKで登山番組の講師をしたりと、自身の豊富な登山経験を踏まえ、心構えから実践に至るまで、登山に関する様々なことを平易にわかりやすく教えてくれることで好評だ。

『登山不適格者』でも、安心で楽しい登山を楽しむための心構えやスキルをわかりやすく説明していて、とてもいい勉強になった。

「まず頭で考えろ。お前は何がしたいのか、そして何ができるのか。アルピニズムとは何よりも自覚の問題である」。有名な登山家の言葉が紹介されていたが、この言葉がもっとも深く僕の心に残った。

|

« 皿ガ嶺登山(2010.11.3) | トップページ | 『ノルウェイの森』/村上春樹 »

読書」カテゴリの記事

登山2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『登山不適格者』/岩崎元郎:

« 皿ガ嶺登山(2010.11.3) | トップページ | 『ノルウェイの森』/村上春樹 »