« ベートーヴェン・ピアノソナタ演奏会① | トップページ | 筏津坑 »

2010年5月22日 (土)

東赤石山登山(2010.5.22)

仲間とふたりで東赤石山登山へ行ってきました。東赤石山は日本200名山に列せられる愛媛を代表する山だけど、僕は今まで登ったことがなくて、今日が初めての登山となった。ハードなロング・コースだったけれど、変化に富んでとてもおもしろい登山を楽しむことができた。

東赤石山への登山コースはいくつかあるが、今日は定番の筏津登山口から赤石山荘を経由して登るコースにした。新居浜ICから筏津へと向かう途中に日浦登山口の前を通ると、朝の7時過ぎだというのに駐車場はすでに満車状態。登山者と別子銅山遺跡観光者が早朝からたくさん訪れているようでちょっとびっくり。

筏津山荘の駐車場に駐車させていただき、筏津登山口から登山開始。考えてみると、このところ同じ山を何度も登っているので、新しい山を登るのは本当に久しぶりだ。初めて登る200名山東赤石山に期待しながら登って行く。

<↓筏津登山口>

P1100390

登山道は最初、人工林内の作業道を登って行く。整備された作業道なので歩きやすいのだけれど、傾斜はけっこう急で、息が上がる。しかも今日は気温が高くて汗をいっぱいかきながら歩を進める。

1時間弱で大きな木製の橋を渡るところに到着。先発の方たちが休憩していた。僕たちもここで小休止。渓流の冷たい水で顔を洗いちょっと生き返る。

<↓大きな木の橋を渡る>

P1100393

ここから先は、なかなか急峻な登りが続く。しかし、全体的に登山道はよく踏み固められていて、足元が安定しているので歩きやすい。また、新緑の天然林の間を歩くところもあり、とても快適だ。

<↓新緑が美しい>

P1100394

登山口から1時間45分で、第一徒渉点に到着。ザックを下して休憩。渓流の水でもう一度顔を洗い、汗を流す。渓流沿いに吹き抜ける風が冷たくて汗をかいた体に気持ちいい。このコースは、こうして徒渉するポイントがあり、休憩するにはちょうどいい。

登山道はここから渓流沿いのコースとなり、渓流のすぐ横を歩いたり、渓流の岩の上を歩いたりと、変化があっておもしろい。30分ほどで第二徒渉ポイントに到着。先ほど会った先発の方たちが休憩されていた。そのままパスして先へ進む。

<↓渓流沿いのコースを進む>

P1100399

しかし、ここから先はいよいよ急峻な登りが続く。途中で何度も小休止を取りながら登って行く。30分ほど登ると、赤色をした岩がごろごろ転がったコースになり、その岩の上を伝って登って行く。そのうちにやっと目の前に巨大な岩の壁が見えてくるようになった。そのまま赤石山荘を目指す。

<↓赤石山荘が近づいてきた>

P1100405

赤石山荘は大きな山荘だけど、今日は宿泊者もいないのか閉まっていた。ここまで来ると、岩の壁もすぐ目の前に迫っている。いかにも赤石山系を思わせる風景だけど、同行者とともに「日本の山じゃないみたい」とか「アメリカの西部劇に出てきそうな風景だ」などと言いながら岩の壁を見上げる。

<↓赤石山荘>

P1100409

そのまま東赤石山を目指して登ることに。目の前に見える岩の間を、両手を使いながら登って行く。こんな登山は初めての経験だけど、とてもおもしろい。下から強風が吹き上げてくるが、これが追い風になって少しは登りやすい。

<↓岩の壁を目指して登って行く>

P1100418

<↓岩の壁が近づいてきた>

P1100420

<↓巨大な天然石のオブジェ>

P1100422

岩をつかみながら登っていくと、やがて山頂に。東赤石山に到着かと思いきや、そこは東赤石山ではなくて、すぐ西側の八巻山の山頂だった。東赤石山は、八巻山の山頂の向こう側に見える。赤石山荘から見上げていた岩の壁が東赤石山だとばかり思っていたのだけど、どうやらそれは八巻山だったみたいで、僕たちは目指すピークを間違えてしまったようだ。それでも、八巻山からの東赤石山の眺めはなかなか素晴らしく、ここまで登ってきた甲斐はあった。

<↓こんな岩場を登って行く>

P1100425

<↓八巻山山頂>

P1100429

<↓八巻山山頂から東赤石山方向を望む>

P1100430

ただ問題はここから先。八巻山から東赤石山までの縦走路はまさに切り立った岩の上を歩いて行くことになる。風も強くてちょっと心配したけれど、やはりここまで来たからには進むしかない。

縦走路に入ると、上から見ていたほどの悪路ではない。しっかりと踏み跡が付いているので、岩の上や岩の間を進んで行く。これぞ赤石山系、エキサイティングでおもしろい。途中、東赤石方向から向かってきた若者たちとすれ違う。これから西赤石山まで縦走するとのこと。

<↓縦走路>

P1100442

<↓こんな岩場を歩いて行く>

P1100447_2

<↓東赤石山が近づいてきた>

P1100453

やがて八巻山を過ぎると、筏津登山道からの分岐に出る。本来はここを登ってくれば良かったのだけど、目標を間違えたために、結果的にはとても楽しめたので良かった。ここからは木々の間をひと登りするとようやく東赤石山山頂に到着。岩がゴツゴツした狭い山頂は誰もいなくて貸切状態だ。

<↓東赤石山山頂>

P1100457

<↓はるか笹ヶ峰と石鎚山>

P1100472

今日の天気予報は晴れのち雨。午後からは雨が心配されたが、空が明るく雨の心配はまだなさそうだ。曇りがちではあるもののときどき薄日が差す、まずまずの天気だ。山頂からはさきほど登った八巻山がまじかに見え、遠くには平家平、笹ヶ峰、さらには石鎚山も見える。

景色を楽しんだのち、東側の三角点のあるところへ移動。登って来るときに何度かお話をした方たちがおられた。ここからは、東赤石山から東側に続く権現山、エビラ山、二ツ岳の連なりがきれいに見える。縦走路が続いているが、かなり険しそうだ。

<↓三角点から権現山、エビラ山、二ツ岳を望む>

P1100461

三角点の場所は風が強すぎるので、もう一度山頂に戻り、景色を楽しみながら、カップラーメン&山頂コーヒーの昼食にした。昼食をとっていると、単独女性が権現山方向から縦走して来られたほか、西赤石山から縦走して来られた団体の方たちも到着した。やはり人気の山なのだ。

<↓八巻山をバックに山頂コーヒー>

P1100469

ロングコースなので、下りにもそれなりに時間はかかったが、やはり足元が安定しているため、下りる時も歩きやすかった。

<↓きれいなツツジの花が>

P1100483

初めて登った東赤石山、登山道は変化に富んで楽しめるし、最後の岩場もおもしろくて、大満喫の一日だった。帰りに、新居浜市内の温泉パナスで汗を流して帰宅した。

<↓温泉パナス>

P1100499

<本日の登山>

自宅発6:00→「筏津山荘」7:40着~8:05発→「第一徒渉地点」9:50着~休憩~10:00発→「第二徒渉地点」10:30→「赤石山荘」11:10→「八巻山山頂」11:45着~11:50発→「登山道分岐」12:15→「東赤石山山頂」12:25着~12:30発→「三角点」12:35着~12:40発→「東赤石山山頂」12:45着~昼食~13:40発→「第二徒渉地点」14:35→「第一徒渉地点」15:01→「駐車場」16:15着~16:30発→「温泉パナス」17:30着~17:20発→自宅着19:30

|

« ベートーヴェン・ピアノソナタ演奏会① | トップページ | 筏津坑 »

登山2010年」カテゴリの記事

コメント

ハード&ロングコースの登山、お疲れ様でした
それと登頂目標を間違ってしまい、失礼いたしました。
まだまだ修行が足りないですね

赤石山系は、石鎚山系とはまた違った魅力があっていいですね。
特に、頂上付近は自分でルートを開拓しながら登る楽しさが魅力だと思います。

また、季節を違えて登りに行きましょう


投稿: ノラえもん | 2010年5月23日 (日) 21時38分

東赤石山登山お疲れ様です。変化に富んだ魅力的なコースのようですね。
今回は、参加できず本当に残念。
夏場もいいようですし、次回は是非。

投稿: 風来男 | 2010年5月23日 (日) 22時13分

ノラえもんさん、昨日はナビ、お世話になりました。
おかげで、赤石山系を満喫することができました。
確かに、赤石山系は石鎚山系とは異なる魅力、おもしろさがありますね。
石鎚山系は山を見るおもしろさがあり、赤石山系は山を登ること自体のおもしろさがあるように思います。
赤石山系、また登りに行きましょう!

投稿: ハートフィールド | 2010年5月23日 (日) 22時14分

風来男さん、東赤石山、おもしろかったですよ。
今回は残念でしたが、風来男さんも来ていたらきっと気に入ったと思いますよ。
ニノ森を制覇した後にでも登りましょう!

P.S.東赤石山登山コースの途中には風来男さんが喜びそうなポイントがたくさんありましたよ。

投稿: ハートフィールド | 2010年5月23日 (日) 22時20分

ルイヴィトン - N級バッグ、財布 専門サイト問屋
弊社は販売バッグ、財布、 小物、靴類などでございます。
1.当社の目標は品質第一、信用第一、ユーザー第一の原則を守り、心地よい親切で最高のインターネットサービスご提供することです。
2.品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です。
3.弊社長年の豊富な経験と実績があり。輸入手続も一切は弊社におまかせてください。質が一番、最も合理的な価格の商品をお届けいたします。
4.お届け商品がご注文内容と異なっていたり、欠陥があった場合には、全額ご返金、もしくはお取替えをさせていただきます。
弊社は「信用第一」をモットーにお客様にご満足頂けるよう、
送料は無料です(日本全国)! ご注文を期待しています!
下記の連絡先までお問い合わせください。
是非ご覧ください!
休業日: 365天受付年中無休

投稿: 日本最高級激安高品質 | 2020年8月30日 (日) 04時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東赤石山登山(2010.5.22):

« ベートーヴェン・ピアノソナタ演奏会① | トップページ | 筏津坑 »