2023年8月25日 (金)

久しぶりの列車旅で祭りずし

久しぶりにJR列車に乗って松山市~鳥取県米子市を往復の長旅へ行ってきました。

列車の旅が久しぶりならば、ちょうどお昼時だったので駅弁を買って車内で食べたのも相当に久しぶり。

 

そして、久しぶりに食べた駅弁は岡山駅で買ったみよしのの「祭りずし」。

岡山の駅弁といえばコレしかないっていうほどのド定番(^^)/

Dsc_5511_original

久しぶり祭りずし。

入れ物は桃のカタチ。

Dsc_5514_original

 

フタを開けるとジャジャーン🎉

華やかで豪華なちらし寿司。

見てるだけでまさにお祭り気分。

Dsc_5515_original

そして、食べてみると見た目を裏切らないおいしさ😊

何十年かぶりに食べた祭りずし、見た目良し、味良し、値段良しと大満足の駅弁だ。

 

駅弁を食べた後は、列車の車窓を流れてゆく景色を見るのもまた良し👌

Dsc_5520_original

 

米子駅手前ではガスの切れ間から大山の勇姿も見えました。

Dsc_5524_original

 

久しぶりの列車旅をエンジョイしました🎵

| | コメント (2)

2022年8月22日 (月)

「うえの」のあなごめし

今年の夏休みは広島へ。

宮島口にある「うえの」で、念願のあなごめしを食べてきました。

明治34年創業の老舗。

うなぎとは違うあなごが絶妙な美味しさでした。

53aa06d9c23a4542b853f05b52954c38

| | コメント (1)

2021年8月23日 (月)

All Things Must Pass

ジョージ・ハリスンの傑作アルバム『All Things Must Pass』の50周年記念盤がリリースされた。

さっそく買ってみた。

Dsc_0080

1970年発売の『All Things Must Pass』、僕の大好きなアルバムで、ソロになってからのジョージ・ハリスンの最高傑作であるばかりか、もしかしたら、ビートルズ解散後に4人の元メンバーがリリースしたすべてのアルバムの中でも、最高傑作に位置付けられるかもしれない。

Dsc_0082

僕はこれまで2001年にリリースされた3枚組アルバムを愛聴してきた。

この3枚組アルバムは、リリース直後にイギリスへ旅行したときに、ロンドンのHMVで買ったものなので思い出深い。

収録曲は魅力的なものばかりで、僕は特にジョージ・ハリスンらしいスローで渋いナンバーがお気に入りだ。

Dsc_0084

50周年記念盤は、プロデューサーのフィル・スペクターの分厚いウォール・オブ・サウンドを抑え、ジョージが想っていたようなシンプルなサウンドにリミックスされているらしい。

じっくりと聴き込んでみたい。

| | コメント (3)

2020年8月29日 (土)

Go to travel で IBUKU へ

Dsc_2101 P8020918

妻とふたり、Go to travelで広島県の温泉宿「IBUKU」へ。

広くてきれいな部屋に個室露天風呂。

豪勢でおいしい日本食の夕食と朝食。

ゆったりと贅沢な夢のような時間を過ごしてきました。

 

 

| | コメント (0)

2014年12月27日 (土)

伊予富士登山(2014.12.27)

今年の12月は何かと用事が立て込んでいるのだけど、ポッカリと暇ができた今日、伊予富士登山へ行ってきた。(ソロ)

大陸の高気圧にすっぽりとおおわれ、最高の晴天の下、白銀の山と青い空の素晴らしい眺望を楽しんだ。

春夏秋冬、山はそれぞれの魅力があるが、やはり僕は雪山がもっとも好きだ。

午前8時半に寒風山登山口に到着。天気がいい休日にしては止まっている車が少ない。さすがに年の瀬も迫り、登山者も少ないのだろうか。

駐車場から登り始めにかけてはガチガチに凍結しているので、今日は最初からアイゼンを装着して登山開始。途中の登山道は、一部、雪が解けてしまっているところもある。今シーズン初のアイゼンで、足元が重たい。気温も高いので、ハードシェルのベンチレーションを全開にして、それでも汗をかきながらゆっくりと登っていく。

桑瀬峠に到着すると、青空を背景に寒風山がきれいに見える。小休止の後、伊予富士へ向かう。

↓桑瀬峠 青空を背景に寒風山
Pc270015

↓雪と霧氷で真っ白な寒風山
P1340789

↓雪の稜線を伊予富士へと向かう
P1340796

青空の下、雪の稜線歩きで気分は最高。サクサクっと雪を踏みしめて一歩一歩登っていると、下界の嫌なことやしんどいことも吹き飛んでしまう。

↓高度を上げると、寒風山の背後に笹ヶ峰とちち山も見えてきた
P1340808

↓左から寒風山、笹ヶ峰、ちち山の美しい眺望
P1340818

↓ピークを越えると伊予富士が見えてきた
P1340823

↓雪の稜線を快適に歩く 気分は最高だ
P1340838

P1340840

↓振り返ると寒風山、笹ヶ峰、ちち山
P1340846

↓伊予富士もだいぶん近くなってきた
P1340847

↓霧氷
P1340860

P1340864

↓霧氷と伊予富士
P1340867

↓鞍部から伊予富士を見上げる、ここから最後の急登
P1340885

午前11時、誰もいない伊予富士山頂に到着。空は最高の青空、360度の大展望、おまけに今日は風も無く暖かく、貸し切り状態の山頂でゆっくりと眺望を楽しむ。真っ青な空と白銀に輝く石鎚連峰の峰々、最高だ。

↓伊予富士山頂(標高1756m)に到着
P1340921

↓誰もいない伊予富士山頂を貸し切り 今日は風も無く暖かい
P1340898

↓西側の眺め 東黒森、自念子の頭、瓶が森へと続く石鎚連峰
P1340891

↓石鎚山をアップで その横にニノ森
Pc270065

↓東側の眺め 歩いてきて稜線が見える
P1340900

↓先月登った冠山と平家平をアップで
P1340907

カップラーメンを食べていたら後続の登山者が到着され、その後も、続々と登ってきている。30分ほどで下山開始。

石鎚山系の山々の眺望を楽しみながら、雪の稜線歩きを堪能し、2014年のいい登り納めができた。

↓下山途中でもう一枚
P1340939

<本日の登山>
自宅発6:30→「寒風山登山口駐車場」8:20着~8:40発→「桑瀬峠」9:25着~休憩~9:35発→「鞍部」10:30着~小休止~10:35発→「伊予富士山頂」11:00着~昼食~11:30発→「鞍部」11:43→「桑瀬峠」12:25→「寒風山登山口駐車場」12:50着~13:10発→自宅着14:20

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«第9 avec モーリス・ベジャール